ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

世界中からの金貨が発見された

 

1982年、考古学者は255個の金貨のコレクションを発見しました。これらのコインの起源はおそらく最も印象的でした。なぜなら、個々のコインの多くは世界中から集められたものだったからです。カイロ、セビリア、およびレヴァル(現在はエストニアの近代的な首都)からのコインがありました。

硬貨はドゥカートと呼ばれるものです。ドゥカートは、中世の最も顕著な通貨でした。当時のドゥカートの金属含有量や購買力はさまざまでした。

Advertisements
Advertisements
Advertisements