ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

Advertisements
Advertisements

見る前に匂いがした

神秘的な黒い瓶が地上に運ばれると、圧力の変化により、その内容物が蓋からにじみ出始めました。その瞬間、誰もが刺激臭に襲われました。科学者たちは340年前のチーズを見つけたと信じていました。

「これが一種の乳製品の臭いだと考えたのはかなり良い推測でしょう。私たちはこれをチーズだと思ったのです。」と考古学者のラース・エイナーソンはスウェーデンのニュースハブ「ザ・ローカル」にこう語りました。

Advertisements
Advertisements