ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

Advertisements
Advertisements

船内には2つの独立した理髪店があった

タイタニック号は船内に1つではなく2つの理髪店を誇っていました。これらの理髪師は、主に男性の顔の毛に毎日トリミングを提供しました。 1つの床屋はファーストクラスの乗客専用で、もう1つの床屋はセカンドクラスの乗客用です。サードクラスの場合、トリミングなしで旅行全体を終わらせなければなりません。

理髪店は、現代の土産物屋のようなものでもありました。人形、帽子、リボン、装身具、タバコが販売用の壁に掛かっているのが見えます。

Advertisements
Advertisements