ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

Advertisements
Advertisements

サードクラスのキャビンは質素

サードクラスのキャビンは、寝室というよりも刑務所のようでした。 窮屈なスペースだったため、ほとんどのサードクラスの乗客は船の他の場所で時間を過ごしました。キャビンはFデッキとGデッキにあり、最初に浸水したデッキでした。

また、タイタニック号は、ほとんどのサードクラスの乗客がすでに寝ていた朝の早い時間に沈み始めました。そのため、サードクラスの乗客の脱出をさらに困難なものにしたのです。

これから見る写真は、タイタニック号で働いている労働者の生活を垣間見ることのできる希少なものです。

Advertisements
Advertisements