ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

Advertisements
Advertisements

ボイラー室を示す珍しい写真

ここでは、タイタニック号のボイラー室で働いていた人々にとって現実がどのようなものであったかを見ることができます。船を動かし続けることは24時間年中無休の仕事であり、仕事内容は、汚くて厳しいものでした。 29のボイラーを備えた6つのボイラー室がありました。 179人の男性が24時間働いて、毎日600トンの石炭をボイラーに供給しています。

これらの労働者の賃金は、高給でした。しかし、逃げることは出来ません。ボイラー室は、氷山に追突した時に、最初に浸水した部分の一部でした。

Advertisements
Advertisements