ダイバーは難破船で340年間残ったものを見て驚く

Advertisements
Advertisements

徹底的な発掘を行うのに十分な光があった

難破船を多くの砂が取り囲んでいました。つまり、この地は、水面からの太陽の光を反射するのに十分な明るさでした。この光は、発掘中に特に役立ちました。

考古学者にとっても、この光の存在は良い要因でした。なぜなら、難破船には、30,000を超えるアーティファクトを含む大規模な発見が存在していたからです。考古学者たちが、すべてを明らかにするのには何年もかかるようなプロジェクトです。

Advertisements
Advertisements