魅力溢れるオールドスクールカー40選

Advertisements
Advertisements

21. 1956オースティンヒーリー100

1956年は、ドナルドヒーリーのホームスポーツカー生産の最後の年となります。 名前の100という指定は、車が時速100マイル(時速160 km)に到達する可能性があるためです。後継機である3000は、排気量3000 ccから名付けられました。 1956年バージョンの100Sは、主にレース用に設計されたもので、50台のみが生産され、「作業用」車両も5台生産されました。バンパーとコンバーチブルトップは排除され、プラスチック製のフロントガラスは90kgの車の減量となりました。

Advertisements
Advertisements