魅力溢れるオールドスクールカー40選

Advertisements
Advertisements

35. 1957マセラティ3500 GT

マセラティの努力のほとんどは、フォーミュラ1レースに向けられていましたが、ツーリング3500では、リアアクスル、ブレーキ、サスペンションパーツなど、英国製の多くのコンポーネントが使用されました。 1957年から1964年の間に合計で約2,250台が生産されましたが、初年は119台しか販売されませんでした。最初のラインは、白で塗装され、「Dama Bianca(白の女性)」と名付けられました。最初のプロトタイプのうちの2台は、1957年3月にジュネーブで開催された国際オートショーに展示されました。

Advertisements
Advertisements