ハーヴェイ・ワインスタイン事件の最新ニュース

ハリウッドにおいては、スキャンダラスなニュースはかなり一般的なものですが、2017年10月5日に、非常に特別な出来事が発生しました。事件のすべての始まりは、アメリカのニューヨークでした。同日にニューヨーク・タイムズ誌は、数人の著名な女性が、超有名な映画プロデューサーであるハーヴェイ・ワインスタインからハラスメント、および性的暴行を受けたとして、彼を告発したことを発表しました。この重大な告発に、全世界が大きな反応を示しました。そして今日、この事件の続報がもたらされました…

事実に戻る

Advertisements
Advertisements
©RTL.fr

2017年10月5日、ニューヨーク・タイムズ誌は、ハーヴェイ・ワインスタインが複数の女優にハラスメントや暴行を加えたのは、ほぼ30年前のことであり、彼は自身のチームと共に、これらの問題を定期的に抑圧していたことを明らかにしています。しかし、ハーヴェイ・ワインスタインにとっては不幸なことに、被害者を名乗る女性からの証言は増え続けており、それらはすべて公表されています。

ニューヨーク・タイムズ誌は、この事件を真剣に取り扱い、実際の被害者の名前をも公表しています。ハーヴェイ・ワインスタインから暴行を受けたと主張する女優たちが、事の事実について告白し始めると、それらはソーシャルメディアを通じて大きな話題を呼び、やがてはデモ活動にも繋がりました。つまり、この事件は業界からだけでなく、世界的にも大きな注目を集めているのです。

そして2018年、2013年における最初のレイプ容疑が公開されました。また、2004年におけるルチア・エバンスの性的暴行も同様に公開されました。これに続いて、ハーヴェイ・ワインスタインに対する苦情が再発したのも当然のことです。2019年にアナベラ・シオーラは、1993年にハーヴェイ・ワインスタインから性的暴行を受けたとして告発し、この事件は後に複雑な展開を見せました。告発されたハーヴェイ・ワインスタインは、弁護士のチームを変える必要に迫られたほどです。

評決

そして2020年2月24日、ようやく評決が下されました。ハーヴェイ・ワインスタイン被告は、マンハッタンでの審判にて、性的暴行とレイプの有罪判決を受けました。しかし残念ながら、最も重大とされる罪状に対する有罪判決はもたらされず、陪審員はハーヴェイ・ワインスタインの「略奪的な」行動については認識しませんでした。噂によると、ハーヴェイ・ワインスタインは25年間を刑務所で過ごす可能性があると言われています。念のために強調しておくと、この男性はこれまでに80人以上もの女性に性的暴行を加え、そのうち3人は、深刻な強姦によって後の人生を苦しめられることになりました。

2021年の3月11日に行われる最終判決にて、彼の処罰内容についての詳細が明かされることでしょうが、現在までの噂によると、彼は25年間刑務所に服す可能性があるようです。公式に言えば、ハーヴェイ・ワインスタインの刑務所の服役期間は、5年から29年の間とされる可能性が高いとのことです。一般的に見て、人々は陪審員の下した決定に満足しているようですが、一部の被害者は、まだ肉体的、および精神的に苦しめられたままです。このように、これらの一部の深刻な被害を受けた犠牲者の証言にもかかわらず、陪審員は犠牲者の証言を無視していると多くの人が考えています。

Advertisements
Advertisements

About us at Soolide.com

Soolide.com is a leading digital entertainment platform seeking to provide you with captivating and engaging content. Whether you are a fan of heartwarming stories or simply a curious reader interested in the latest trends, you will be left satisfied.
Soolide.com covers many subjects and includes some of your favorite categories (such as people, travel, health and pets) across 9+ languages. Follow us on social media and stay tuned for the latest trending topics.
Shoot out to you; our lovely readers: Make sure to connect with us if you would like to write for us or submit stories. Our content team is always on the lookout for more engaging contents people loves.