世界で最も珍しい5つのスポーツ

ほとんどの場合、スポーツパフォーマンスはスポーツそのものよりも重要です。しかし、中には狂気と想像力を要するスポーツが存在します。これから、この記事で世界で5つの最も珍しいスポーツをお届けします。

1. マスコットレース

Advertisements
Advertisements

毎年、イングランドのサリーにある競馬場でフットボールクラブのファン全員が集まります。ここで、マスコットが200メートルのコースの障害競走をする姿を見ます。ユーモアがあるレースで、観戦客は、これらのマスコットが地面をヨタヨタ歩く姿を見るのを楽しんでいます。

2.妻を担ぐレース

1995年から毎年フィンランドで開催される世界選手権です。泥、砂、岩、芝生を通り抜ける253メートルのコースで、もちろんゴールするためには妻を担がなければなりません。女性の最低体重は49kgであり、それ以下の場合はリュックを担ぐ必要があります。記録は、55.5秒です!

3.ベビーレース

このコンセプトは、リトアニアからのものです。リトアニアでは、このレースが伝統的に行われています。赤ちゃんは、競争しなければなりません。レースに勝つのは、最も速くハイハイした赤ちゃんです。レースに参加する全員の赤ちゃんは、数字のついたTシャツを着ていて、だれも歩くことができません。観戦するのが楽しいハッピーなレースです!

4.泥の中のサッカー

フィンランド人は珍しいスポーツを作る先駆者です。イギリス人は、このスポーツを「泥の中のサッカー」と呼びます。その名の通り、泥の中で行われるサッカーのことです。毎年7月にワールドカップが行われ、そのルールは沢山のサッカー選手にオフサイドがないという事実を除けば、サッカーのルールはほぼ同じです。選手交換は無制限です。そして、チームには全部で6人の選手がいて、ハーフタイムは12分です。

5.オフィスチェアでのレース


この珍しいスポーツは、毎年ドイツで行われています。オフィスチェアレースの目的は、ヘルメットと膝パッドを着けてオフィスの椅子に座りながら、200メートルのトラックを下ることです。各参加者はオリジナルのオフィスチェアをデザインしなければなりません!

Advertisements