練習に最もお金がかかるスポーツ、トップ5

今日においては、ほとんどの人がスポーツを楽しんでいます。ランニングや水泳、サイクリングなど、個人の興味や予算に合わせて、様々なスポーツを選択できます。ただし、一部のスポーツは非常にお金がかかるため、誰もがその種目に対して全力投球できるというわけではありません。今回の記事では、そんな「最も高価なスポーツ、トップ5」をお知らせしたいと思います。

1.ゴルフ

ゴルフは、おそらく世界中で最も高価なスポーツの1つでしょう。上手にプレイできるようになるには、ゴルフの道具一式を購入する必要があるだけでなく、ゴルフコースの使用料も非常に高価です。

Advertisements
Advertisements

たとえば、ゴルフコースの使用には約50ユーロかかるだけでなく、ゴルフの基本を学ぶにしても、専門家によるレッスンが必要です。そのため、10回のレッスンにつき、500ユーロの投資が必要になります。それに加えて、道具やクラブへの参加費などを追加すれば、それはもはや法外なまでの金額に達することでしょう。ゴルフがあなたに合ったスポーツであるかどうか確信が持てない場合は、実際に始める前にまず慎重に検討してみてください。

2. 乗馬

乗馬は、以前と比べるとまだ始めやすくなったのは事実ですが、定期的にプレイし続けるためには、まだまだ一定額の投資が必要となります。

世界の多くの乗馬センターでは、馬に乗るために必要な多くの器具やアクセサリーなどを貸し出ししていますが、定期的に乗るならば、自分専用のブーツを持っていたほうが衛生的であることは確かです。これに加えて、乗馬に適したズボンや、馬術センターで練習するためのライセンスなど、様々な費用が必要となります。年間のライセンス費は、100から600ユーロほどかかります。

3. サーフィン

まず前提として、定期的にサーフィンをするには、海の近くに住んでいる必要があります。サーフィンのレッスン料は、やや高価(最初の年は、最大で1500ユーロ)であるため、この高価なスポーツのリストの中に入っています。

しかし、特に問題となるのはサーフィン道具です。サーフィンに適した波のある、世界中の多くのビーチでは、海水温度がしばしば低いです。そのため、サーフィン用のウェットスーツが必要となります。このスーツは約100ユーロかかり、サーフボードは最大で600ユーロほどかかる可能性があります。そのため、サーフィンは休暇中だけにとどめておいたほうが、安く収まるはずです!

4.ダイビング

サーフィンと同様、ダイビングを定期的にする場合も、まず海の近くに住んでいなければならないでしょう。しかし現在では、多くのスイミングプールでダイビングの訓練を提供しています。

たとえ、これらのスイミングプールでのダイビング練習は、一番理想的でないにしても、値段の面からすれば非常に安上がりです。しかし、ダイビングをするにあたっては、フィン、チューブ、スーツ、酸素ボトルなどの、様々なダイビング機器の購入に投資しなければなりません。これらの総計はおよそ1000ユーロほどです。これに加え、ダイビングのレッスン料金も加算されます。これらの見積もりが、あなたの予算に適応しているかどうかを、まずは確認してみてください。

Advertisements
Advertisements

About us at Soolide.com

Soolide.com is a leading digital entertainment platform seeking to provide you with captivating and engaging content. Whether you are a fan of heartwarming stories or simply a curious reader interested in the latest trends, you will be left satisfied.
Soolide.com covers many subjects and includes some of your favorite categories (such as people, travel, health and pets) across 9+ languages. Follow us on social media and stay tuned for the latest trending topics.
Shoot out to you; our lovely readers: Make sure to connect with us if you would like to write for us or submit stories. Our content team is always on the lookout for more engaging contents people loves.