あなたが真実だと思っていた科学的事実は存在していなかった!

しばしば自分自身に問いかけることもあるのではないでしょうか。映画で見た内容は正しいのか、または学校で学んだ科学的事実は正しいのか、そういうことを知りたいと思うものです。実際、私たちは地球上、そして宇宙のことはもちろんのこと、すべてについての真実を本当に知ることはないです。だからこそ、私たちはこの記事で、あなたが真実だと思っていても完全なるデタラメだったという科学的事実についてまとめました!これは多くの分野をカバーし、最大の科学的誤解を集めました。

1.物質の状態

Advertisements
Advertisements

いいえ、3つの状態ではなく4つの状態があります。長い間、私たちは液体、固体、気体の3つの主な物体の状態を考えていました。学校でもそのように何度も習ったはずです!では、4つ目の状態は何でしょうか?それは、「プラズマの状態」です。この状態については、あまり話す機会がありません。たとえすでに嵐の間の雷を目撃していたとしても、プラズマの出現条件は地球の気候に適応していません。おそらく嵐の間の雷は、あなたが地球上のプラズマ状態を証明する唯一の瞬間です。しかし、プラズマの状態は存在します!

2.他の惑星

いいえ、水星は太陽の近くにとどまっていても、太陽系で最も熱い惑星ではありません。ところが、金星は、その432℃と、最も熱い惑星です。土星の環に関しては、硬くはありません。それどころか土星の環は、長さ数メートルに及ぶ氷と塵の粒子で構成されています!

3.犬の年齢

人間の1年は、犬にとって7年に相当すると信じられているのが一般的です。しかし、実際はそうではありません。犬は人生の最初の2年間で急速に成長し、その後成長が遅くなります。また犬の年齢は、選ぶ犬種によっても異なります。犬種によっては、人間の1年はその犬の14年に相当します!

4.静かな銃

おそらく多くの映画で、音を鳴らさない静かな銃を見たことがあると思います。「サイレント銃」という名前から音が鳴らないと思うかもしれませんが、それでもまだかなりうるさいです。確かに、この銃は警察のサイレンと同じくらいうるさいです!ただし、標準的な銃器よりもこれらのサイレント銃は、100倍静かでしょう…。

5.雷に対するタイヤ

繰り返しになりますが、嵐が発生し、車の中で立ち往生しているときに、雷から身を守るのはタイヤだと思っていませんか?感電事故からあなたを守るのはあなたの車のタイヤではありません。実際には、車の金属製の本体に電気が通り、地面に放出されるのです。

Advertisements