睡眠不足はあなたを危険に晒す!

ある研究によると、身体が適切に機能するには一晩に7時間の睡眠が必要です。それほど眠る必要がない人もいますが、長期的な睡眠不足は身体の疲労の原因になります。

Advertisements
Advertisements

実際、大人の睡眠が1日6時間未満になると、身体に有害な影響が出ます。睡眠不足による明らかな症状は、注意力の欠如であり、致命的な交通事故の30%以上が居眠り運転によるものです。

そのため、一晩に数時間しか眠らない人たちは、危険に晒されやすいのです。ごくわずかな人(人口の1〜3%)だけが、一晩に4〜5時間の睡眠で十分なのです。

居眠り運転に加えて、睡眠不足は他の点にとっても有害です。あなたが眠るとき、体は眠りにつきます。そして、睡眠は、食欲に対する満腹感と体の脂肪の貯蔵を調整するのを助けます。睡眠不足の人は、次の日に空腹になり、日中に摂取する脂肪を他の人よりも多く貯蔵します。

睡眠中に、私たちはまた記憶を統合し、脳がその形状を保つことを可能にします。私たちの体全体がうまく機能し、新しい忙しい日々に直面する準備ができているためにこれらの貴重な睡眠時間を必要としています。

私たちは今、睡眠が身体の適切な機能のために不可欠であること、そして睡眠不足は健康に悪影響を及ぼしそして長期的には危険にさえなり得ることが分かりました。そのため、翌朝、体調を整えるために、できるだけ正しい時間に就寝しましょう。

Advertisements