17歳でNASAによって火星の上を歩く最初の人間として選ばれた女性

今日の宇宙探査の目標は、火星に焦点を合わせています。最近、NASAは17歳の女の子を火星への探査のポジションに任命したことを発表しました。アリッサ・カーソンはNASAの火星ミッションに参加する将来の宇宙飛行士の一人です。

念のために言っておきますが、SpaceX、Elon Musk、NASAの間では、非常に深刻な技術的戦いが起きています。これらの組織は、火星に最初に人間を送るというミッションの元で競争しています。このプロジェクトは、SpaceX側で2024年に実現されると発表されました。 NASAについては、2033年になるということで、私たちはまだ結果を待っているところです。

Advertisements
Advertisements

NASAの火星ミッションのメンバーには、アリッサ・カーソンという17歳の女性が含まれています。このミッションの最終ゴールは、火星の表面を踏む最初の人間になることです。

アリッサ・カーソンはルイジアナ州、より正確にはバトンルージュ出身です。彼女は15歳の時から、NASAと共に宇宙飛行士になるための訓練を受けてきました。実際、彼女は「Advances Possum Academy」の卒業証書を授与された最年少の人物です。この卒業証書がなければ、宇宙飛行士の訓練を受けることはできません。

アリッサは、タイミングこそが最も困難な問題だと考えています。他の人がまだ高校にいる間に、彼女は多くのことを達成することができました。さらに、彼女は訓練が自分の年齢においてかなり制限的であると感じています。ただし、インタビュー中には、彼女は自分が正しい方向に進んでいることをBored Pandaに伝えています。

アリッサは、宇宙飛行士になるための訓練を受けているだけでなく、語学コースも受けています。彼女は英語、スペイン語、フランス語、中国語を学んでいます。

さらに、彼女は人生の選択によってもたらされた犠牲を十分に理解しています。アリッサは、今後数年間、母親になることや結婚することはできないことを知っています。

「若手の宇宙飛行士」向けの訓練の中で、アリッサは次のように述べています。「全ての宇宙飛行士、特に女性の宇宙飛行士は、私が進むと決めた道を辿っています。」現在、彼女は最年少の宇宙飛行士として宇宙を征服する代表としての役割を担っています。彼女は自分が長年夢見てきたことを実現できると考えています。火星のミッションが終われば、次の惑星に目を向けることになるはずです。

アリッサの訓練についてもっと知りたい場合は、彼女のFacebookページまたはInstagramアカウントでフォローしましょう。彼女の日常生活についてもっと知るためには、ウェブサイトNASA Blueberrryをチェックすることもできます。

Advertisements