飼い犬ペットが赤ちゃんを攻撃!?後に、母親はその理由を理解した

小さな赤ちゃんの母親であるキャサリン・スビリックは、長年の間飼い親しんできたペット犬が、まさか生後17ヶ月の赤ちゃんに対して攻撃的になるとは、まるで想像もしていませんでした。キャサリンは、生まれたばかりの大切な子供が、よく理解しているはずのペットから攻撃されている状況を目撃し、一瞬言葉を失ったのです。そして彼女はその瞬間、まだ幼い赤ちゃんの命と顔が傷つかないかを深く心配しました。彼女は赤ちゃんの母親として、まだ生まれたての赤ちゃんの繊細な顔を守らなければならず、後に美容整形手術が必要となるような事態だけは避けなければなりませんでした。この運命の日の朝、キャサリンは赤ちゃんを安全な場所に連れて行きましたが、後に攻撃性を見せた彼女の犬の意図が明らかになったのです。

奇妙な朝

ある日、若い女性キャサリン・スビリックが、動物保護施設に入れられていた一匹のドーベルマンを引き取ることを決めたとき、彼女は実に愛情深く、飼いならしやすく、そしていつでも人間に従順で、状況下においては飼い主である自分を守ってくれる番犬の役割を果たすという、多くの人間がペットとして飼う犬に望む側面だけを、自分のペットにも望んでいました。そしてもちろんキャサリンは、この新しく飼うことになる犬が、まだ幼い自分の娘とも仲良くなり、一緒にすくすくと育ってくれることを想像していました。

Advertisements
Advertisements

しかし、何ら変わらぬ様子に思えた日の午後、自宅の裏庭である予期せぬ事態が発生したとき、キャサリンは大きなショックを受けることになります。今回紹介するストーリーは、自宅にまだ小さな赤ちゃんがいて、かつ犬をペットとして同じく自宅で飼っている場合、常に注意しなければならないという事実を示す確固たる証明になりました。犬の種類の中には、まだまだ幼い赤ちゃんを安全に保つために自ら行動する犬もいれば、中にはまるで異なる気質を持つ犬も存在します。そしてそれらの中には、残念ながら、赤ちゃんと仲良くできることで知られている犬種もありますが、それらの一般的な話は、常に信頼すべきものであるとは限らないのです。結局のところ、犬は動物に過ぎないことは確かなのです…。

Advertisements
Advertisements