アレサ・フランクリンの人生

ソウルクイーンであるアレサ・フランクリンは、長年の病気で8月16日に76歳で亡くなりました。彼女は膵臓癌に苦しんでいました。ソウル音楽の不可欠なシンボルであるアレサ・フランクリンは、独特の音楽的遺産と、見逃せない文化的遺産を残しています。彼女の死に関するニュースは、エージェントのグウェンドリン・クインによって発表されました。多くの人は、アレサ・フランクリンが永遠のソウルクイーンであり続けると主張しています。それでは、この伝説的なソウルクイーンの姿について振り返って見ましょう。

Advertisements
Advertisements

はじめに

アレサ・フランクリンは、1942年3月25日にテネシー州のメンフィスで生まれました。そして、彼女は2018年8月16日にミシガン州で亡くなりました。アレサ・フランクリンはアメリカのシンガーソングライターです。彼女は、ゴスペル、ソウル、ファンク、ブルース、ジャズなどの音楽スタイルで知られています。同時に彼女はピアニストであり、1968年に世界で最も有名な黒人アメリカ人として2位にランクインしました。彼女の記録的な売り上げの合計は、約7,500万枚です。したがって、アレサ・フランクリンは、レコードの販売で最高記録を保持した歌手のままです。彼女は最高の歌手の最初の人としてRock and Roll誌に名前が挙げられました。

概要

アレサ・フランクリンはメンフィスで生まれました。彼女の家族は、バッファローの街にしばらく住んでいた後、デトロイトに移ることを決めました。アレサは当時7歳でした。彼女の父親は非常に有名な牧師でした。父親は長い昏睡状態の後、1984年に亡くなりました。この昏睡状態は、自宅に入った強盗が射撃したことで起きました。アレサの母親はゴスペル歌手でした。母親は、アレサが6歳のときに父親と離婚し、子供たちの監護権を夫に委ねました。母親は、1952年に亡くなりました。アレサと彼女の姉妹は、デトロイト教会の聖歌隊の一員でした。

音楽でのキャリア

アレサの才能が発見され、1956年にコロンビアレコードと契約を結びました。彼女のデビューはわずかな成功しかなかったため、平均的でした。このとき、アレサには2人の息子がいました。1人は1955年に生まれ、もう1人は1957年に生まれました。アレサは2人目の子供を出産後、祖母に子育てを頼み、音楽に専念しました。そして、アレサは1964年に3人目の息子を出産しました。1967年、アレサはコロンビアレコードとの契約を打ち切り、アトランティックレコードと契約を結びました。彼女は非常に才能のあるディレクターと力を合わせ、R&Bサウンドの録音を行いました。このサウンドは、1960年代に非常に成功し、アレサ・フランクリンはソウルクイーンと呼ばれ、同時に世界的な成功を収めました。彼女は黒人コミュニティの誇りの源でした。彼女の4番目の子供は、1970年に生まれました。アレサはゴスペルを演奏し、このアルバムは最も売れたゴスペルアルバムの1つでした。彼女の死は、音楽界を混乱させましたが、彼女の刻印は永遠に刻まれたままであります。

Advertisements