アレサ・フランクリンの人生

ソウルのクイーンとして君臨するアレサ・フランクリンは、長年患わっていた膵臓癌により、8月16日に76歳で亡くなりました。ソウル・ミュージックにおいて不可欠なアイコン的存在のアレサ・フランクリンは、彼女独特の音楽的遺産と、誰の目から見ても確かな文化的遺産を残しています。彼女の死に関するニュースは、エージェントのグウェンドリン・クインによって発表されました。しかし彼女の死後も、多くの人はアレサ・フランクリンこそ、永遠のソウル・クイーンであり続けるだろうと主張しています。それでは、この伝説的なソウル・クイーンの人生について振り返って見ましょう。

Advertisements
Advertisements

はじめに

アレサ・フランクリンは、1942年3月25日にテネシー州のメンフィスで生まれました。そして、2018年8月16日にミシガン州で亡くなりました。アレサ・フランクリンは、アメリカのシンガー・ソングライターです。彼女は、ゴスペル、ソウル、ファンク、ブルース、ジャズなどの多彩な音楽スタイルにおいて知られています。同時に彼女はピアニストでもあり、1968年には世界で最も有名な黒人アメリカ人ピアニストとして、堂々と2位にランクインしました。彼女の誇る記録的なレコードの売り上げの合計は、現在までに約7,500万枚にも登ります。アレサ・フランクリンは、その死後もなお、レコードの販売における歴代最高記録を保持し続けています。また彼女は、歴代最高の歌手の最初の人物として、ロックン・ロール誌にその名前が挙がりました。

概要

アレサ・フランクリンはメンフィスで生まれました。後に彼女の家族は、バッファローにしばらく住んだ後、当時のアレサが7歳の時にデトロイトへと移りました。彼女の父親は、非常に有名な牧師でした。彼は非常に長い昏睡状態に陥った後、1984年に亡くなりました。彼の昏睡状態は、自宅に強盗が押し入った際、射撃されたことがきっかけで発生しました。そして彼女の母親は、ゴスペル歌手でした。母親は、アレサが6歳のときに父親と離婚し、子供たちの監護権を夫に委ねました。この母親は、1952年に亡くなっています。また彼女の姉妹は、デトロイト教会の聖歌隊の一員でした。

音楽におけるキャリア

1956年、アレサの音楽的才能が見いだされ、彼女はまずコロンビア・レコードと契約を結びました。そのデビュー当時は、わずかな成功しか収めていませんでした。この当時のアレサには、2人の息子がいました。1人は1955年に生まれ、もう1人は1957年に生まれました。アレサは2人目の子供を出産後、祖母に彼らの子育てを頼み、音楽に専念していました。その後にアレサは、1964年に3人目の息子を出産しました。それから1967年、アレサはコロンビア・レコードとの契約を打ち切り、アトランティック・レコードと契約を結びました。彼女は実に才能のあるディレクターと協力し、R&Bアルバムの録音を行いました。このサウンドは、1960年代に非常に成功し、これをきっかけとしてアレサはソウル・クイーンの別名を手に入れ、それと同時に世界的な成功をも収めました。彼女は、当時の黒人コミュニティにおける誇りでした。そして、彼女の4番目の子供は1970年に生まれました。後にアレサはゴスペルを演奏し、そのアルバムは史上最も売れたゴスペル・アルバムであり続けています。彼女の死は、当時の音楽業界に衝撃を与えましたが、彼女が刻んだ刻印は、永遠に刻まれたままです。

Advertisements