キャンプ:フランス最大の観光名所のひとつ

ますます多くのフランス人が休暇を過ごすためにキャンプを選ぶ傾向があります。各自の好みに合わせて、海、山、仲間、テント、またはキャラバン…などなど。夏の間、キャンプ場の需要はホテルの需要を上回ります。

自由度が高いため、キャンプでの休暇が好まれます。ホテルやバケーションクラブとは異なり、キャンプは好きなときに好きなことを行うことができます。一部の人にとっては、キャンプは家族や友人と共有したいと思える娯楽です。

Advertisements
Advertisements

多様な目的地:

フランスはヨーロッパの主要なキャンプ地であり、世界で2番目に多くのキャンプ場を持っています。フランス全土に7800箇所以上のキャンプ場があります。フランスには、海、山、さらには田舎でも、観光好きにぴったりな滞在先と場所が幅広く存在します。

キャンプ場の近代化により、フランスでキャンプが広まりました。現在、行楽客には宿泊施設の幅広い選択肢があります。テントで一晩過ごしたくない場合は、ツリーハウスやモービルハウスを借りることができます。これらのキャンプ場には、特定の医療施設とリラクゼーション活動もあります。

お財布に優しい:

キャンプ場の成功は、施設での利用料金から説明できます。キャンプ場では、設備の整った宿泊施設を提供しながら、ホテルよりもはるかに安価です。それにもかかわらず、キャンプ場の価格は過去5年間安定しています。統計によると、キャンピングカーの65%の利用客が10年間の常連客であり、20.3%の利用客が5年間の常連客です。

キャンプ部門の事業は、効果的なマーケティング戦略を実施することにより、顧客の期待に応えています。フランスの競争力のある価格は、多くの外国人観光客を引き付けることを可能にしました。最も多い外国人観光客はドイツからだとしても、キャンパーはヨーロッパの他の国からもやって来ます。

さまざまな活動:

これらの屋外の休暇スポットでは、さまざまなアクティビティを行うことができます。キャンプ場に着くと、多くのサービスが提供されます。スイミングプールに加えて、カロリーを消費するのを手伝ってくれるエンターテインメントチームと楽しい時間を過ごすことができます。キャンプ場の中には、地元の他のレジャー施設と提携してお得な価格で施設の利用をオファーしているところもあります。

雰囲気を選ぶ:

フランスのキャンプ場は非常に多様であるため、あなたの希望やニーズに合ったキャンプ場をすぐに見つけることができます。若者向け、家族向け、または自然崇拝者向けのキャンプ場など。また、いくつかの異なる雰囲気を同時に提供するキャンプ場を見つけることもできます!

Advertisements