人間が水中で連続的に呼吸できるようになる3Dエラ

日本人の生物模倣学者である亀井純氏のおかげで、私たちは新しい時代に突入しています。亀井潤氏は、ダイビング愛好家に非常に役立つ機器を開発しました。より具体的には、これは水中でも呼吸ができる便利な人工3Dエラです。

陸上の生活リズムは長い目で見れば非常にうんざりするような可能性があったため、魚のように水中で生きることを夢見てきました。そう、ノイズやストレスのない「次元」で生活できることを夢見ていたのです。

また、現在東京大学で働いている亀井潤氏は、このアイデアに触発され、発明を実現させました。先月、亀井潤氏はインペリアルカレッジロンドンで発明を発表しました。

Advertisements
Advertisements

亀井潤氏は、彼の発明品を「Amphibio」と名付けました。亀井潤氏によると、それはコンセプトと実際のプロトタイプのカップリングです。装置は3Dプリントで作られ、魚のえらと同じように動作します。言い換えれば、酸素を閉じ込めて、ユーザーが水中で呼吸できるようにする装置です。亀井潤氏によると、この装置は世界の気温が耐えられないレベルに達し、海面がかなり上昇した場合に非常に役立ちます。

テストによると、装置はチューバや酸素ボンベによって提供されるものよりも効果的に高いレベルの酸素を持っています。したがって、ダイビングにはより実用的です。本発明は、魚のえらのメカニズムに完全に基づいています。つまり、両生類は水から酸素を抽出します。幸いなことに、これらの人工エラは3Dプリントで作成されます。設計レベルでは、スーツの形で提供されます。

そのため、Amphibioは、シェル型のマスクに接続される3つのプルオンモジュールで提供されます。スーツは水を吸い上げ、酸素を保持してマスクに運びます。次に、同じマスクが二酸化炭素を吐きます。

さらに、酸素レベル監視システムのおかげで、このスーツは着用者を溺死の危険にさらすことはありません。また、酸素の更新はエラの膜を介して行われ、周囲の水の浸透が可能になります。

現在、この装置には一定の制限があるため、まだいくつかの変更が行われています。亀井潤氏は、これらの懸念はすぐに修正できると考えています。実際、プロジェクトが完了するまで、亀井潤氏は、人間のモルモットと水槽でテストする予定です。亀井潤氏の目標は、特に装置の改善が必要なポイントを評価することです。

Advertisements