古代エジプトのスフィンクス像が偶然発見された

エジプトは古代、古代の支配者、古代の神々と結びついているかもしれません。しかし、エジプトは現在急速に経済成長を見せている現代的な国です。ただし、エジプトのインフラプロジェクトの労働者は今週、スフィンクス型の像を発見したため、作業を中断する必要がありました。これは、文字通り歴史に躓いたと言って良いでしょう。

この発見は、ルカソールとカルナック神殿の複合体を結ぶアルカバシュロードプロジェクトで行われました。しかし、銅像は今のところ移動できないため、この発見により現場での作業が一時的に停止しました。

このテーマに関する情報はほとんどなく、写真は限られています。ルクソールの骨董品局長であるモハメド・アブデル・アジズ博士は、 Youmのニュースサイトで、労働者は「人間の頭を持つライオンの体」の像を発見しましたが、まだ動かせないと述べました。動かせない理由には、像がある環境が起因しています。

Advertisements
Advertisements

考古学者は不要なリスクを負うことなく像を保存したいと考えていたため、当面は発見された場所にとどまるようです。しかし、この像が本当にライオンの体と人間の頭を持っている場合、有名なエジプトの神話のスフィンクスとの類似点は明らかです。つまり、この像は当時非常に重要な人物によって作ることを命じられたものだということを意味します。

古代エジプトでは、スフィンクスは王族の象徴と考えられていました。多くのファラオはライオンの体に彫り込まれた彫像を持っていました。これは、多くの長老のように太陽神セクメトとの密接な関係を象徴していました。エジプトの神々は動物の形をしており、この像の場合は雌ライオンでした。

最も有名なスフィンクス像は、もちろんギザの大スフィンクスです。ファラオ・カフレが建設したと考えられています。ファラオ・カフレは建設時の紀元前2550年から紀元前2450年ごろに主権を握っていました。ギザの大スフィンクスの大きさは、長さ73メートル、高さ20メートルです。また、世界最古で最大であり、有名な記念碑的な彫刻です。

残念ながら、この新しい発見は、多くの英国のタブロイド紙がセンセーショナルな効果を生んだ有名な「セカンド スフィンクス」ではありません(タイトルはまさにあなたが想像したものです)。まず、この地域は、わずか6 kmの距離にある王家の谷に近接しているため、スフィンクスが長年にわたって発見されています。

第二に、「セカンド スフィンクス」に関する噂ですが、これについては古代エジプト人、ギリシャ人、ローマ人、イスラム教徒によって言及されていたものであり、通常、互いに隣り合って、または向かい合ってペアで置かれるはずです。しかし今回発見されたものは隣り合っていたり向かい合ったりしたペアではありませんでした。

しかし、この発見は驚くような内容であり、古代エジプトのファラオとその文明の詳細を知るのに役立つでしょう。

Advertisements