大麻のチューインガムで緩和できる病気

最近、植物によって治癒可能な病気が増えています。そして線維筋痛症も、大麻(カンナビス)によって緩和できる病気の1つです!

Advertisements
Advertisements

実際に、線維筋痛症は衰弱性疾患である可能性があり、多くの女性に影響を及ぼしています。筋肉や関節の痛みは、疲労、認知障害、睡眠障害などの様々な症状と結びつけられます。この痛みの程度には個人差がありますが、主に長期に渡って症状が見られることがほとんどです。

この病気を治癒し、痛みを緩和する目的のもと、これまでに多くの研究が行われてきました。最近の研究によると、大麻がこの病気に関連する痛みを緩和することが証明されています。もちろん研究者たちは、症状を取り除く目的で大麻を吸うことは推奨していません。その代わりに、むしろ痛みを治療する目的で、大麻ベースのチューインガムを噛むことを推奨しています。

痛みを軽減する大麻の効果に加えて、チューインガムを噛むといった行為はストレスの軽減、心血管系の刺激、そして精神的な神経保護効果をもたらします。ガムは飲み込むのではなく、口の中にただ保ち続けることで、前進の痛みをより早く和らげることができます。

これは大麻を吸うよりも手軽に始められる、画期的な新しい方法です。ただガムを噛み続けるだけで、線維筋痛症の影響が及ぶ可能性がある、体のすべての領域における痛みを緩和することができます。また、大麻を吸う行為よりも、道徳的また社会的に受け入れられることは言うまでもありません!

Advertisements
Advertisements