農家は…猫の助けを借りてオーガニック製品を守る!

オーガニック農法を使って、より多くの製品を顧客に提供しようとする農家が増えています。しかし、オーガニック農法には異なる課題がありますよね?例えば、化学物質を使わずにげっ歯類を駆除する方法は?これは、ソムンの農家が実際に自分自身に尋ねた質問でありました。そしてこの農家こそが、最善の解決策を見つけます。その解決策が猫です!

植物を動物で守る

Advertisements
Advertisements

農家が製品をオーガニック製品と呼ぶには、農園で化学薬品や肥料を使用しないなどの特定の規則に従う必要がありますが、もちろんげっ歯類および他の動物に対する製品を使用することもでいません。アブラムシに対する解決策(てんとう虫がアブラムシを食べます。)はすでにありますが、げっ歯類に対して猫を使うことは考えられていませんでした!

さて、フランスのソムンに住んでいる庭師、ジャン・ピエール・デマイリーが、キャベツをげっ歯類に食べられた後にこの解決策を作りました。彼は最初にネズミ捕りのような従来の方法を試しましたが、うまくいきませんでした。それから、顧客は猫と一緒に対策を取るように提案しました。このアイデアは、猫にとっても穀物にとっても良い解決策になります!

猫はどこから来る?

庭師のジャンは、農場の近くにある避難所から猫を連れて行くことにしました。彼がしなければならないことは、猫に家を与え、懐くように餌を与えるだけです。あとは、げっ歯類の問題のために、ジャンは猫が働くのを見るだけです。そして、猫には狩りのためのスペースがあります! 32ヘクタールの敷地内で15,000平方メートル以上の狩りをするスペースがあります!

この解決策により、猫は家を見つけ、ジャンはげっ歯類の被害に会わずにオーガニック製品を収穫できるようになりました!

猫は効果的?

猫がジャンの農場に到着してから、彼は農地が以前よりもげっ歯類によって攻撃されていないことに気づきました。時々、農地では小さなげっ歯類が死んでいることを目にしました。そのため、猫は仕事をしていると言えます!これは、将来他の農家に刺激を与える可能性のある例です。

Advertisements