猫の助けを借りてオーガニック商品を保護する有機農家

現代では、地球に無害な有機栽培を適用して、より多くのオーガニック作物を顧客に提供しようとする農家が増えています。しかし、オーガニック農法には、従来の方法とはまた異なる課題が山積みです。例えば、化学物質を使わずに、農場を荒らす動物をどう駆除するかなどです。これは、実際にソムンの農家が自分自身に尋ね続けていた質問でもありました。そしてこの農家こそが、最善の解決策を見つけます。その解決策が猫です!

植物を動物で守る

Advertisements
Advertisements

有機農家が栽培した作物をオーガニック製と呼ぶには、農園での化学薬品、肥料の不使用といった、厳しい特定の規則に従う必要があります。そしてもちろん、農場を荒らす動物や虫などに対する製品を使用することもでいません。アブラムシに関しては、てんとう虫がアブラムシを食べるため問題はありません、たとえばげっ歯類の動物に対し、猫を使うことは誰も考えなかったでしょう。

さて、フランスのソムンに住む庭師、ジャン・ピエール・デマイリーは、農場のキャベツをげっ歯類に食べられてしまった後に、この解決策を思いつきました。彼は最初に、ネズミ捕りのような従来の方法を試しましたが、うまくいきませんでした。それから彼は、猫を利用して対策を施すことを思いつきました。しかもこのアイデアは、猫にとっても穀物にとっても利益のある方法なのです!

猫はどこから連れてくる?

庭師のジャンは、農場の近くにある動物のシェルターから、一匹の猫を連れ出しました。これから彼がしなければならなかったことは、猫に自宅に迎え、自分に懐いてくれるように、餌を与え続けることだけでした。あとは、農場を荒らすげっ歯類に対して、猫が自然と行動を起こすのを見守るだけです。そう、猫には狩りのための十分広いスペースがありました!その大きさは32ヘクタール、約15,000平方メートルあり、猫の狩りスペースとしても十分でした。

この解決策により、猫はマイホームを見つけただけでなく、ジャンはげっ歯類の被害をそれ以上被ることなくして、オーガニックの作物を安心して収穫できるようになりました!

猫は農場を守れる?

一匹の猫がジャンの農場に到着してからというもの、有機農場に対するげっ歯類からの無残な荒らしや攻撃の被害は、以前に比べて減少、または一切見当たらない事実に気づきました。また彼は、時々その農地内に小さなげっ歯類が死んでいる姿も目撃しました。どうやら、彼の猫は確実に仕事をこなしていると言えるでしょう!この事実は将来的に、他の有機栽培農家にとって、大きなインスピレーションとなる可能性があります。

Advertisements
Advertisements

About us at Soolide.com

Soolide.com is a leading digital entertainment platform seeking to provide you with captivating and engaging content. Whether you are a fan of heartwarming stories or simply a curious reader interested in the latest trends, you will be left satisfied.
Soolide.com covers many subjects and includes some of your favorite categories (such as people, travel, health and pets) across 9+ languages. Follow us on social media and stay tuned for the latest trending topics.
Shoot out to you; our lovely readers: Make sure to connect with us if you would like to write for us or submit stories. Our content team is always on the lookout for more engaging contents people loves.