男性が愛犬とのセルフィーを投稿した後、警察沙汰になった理由とは?

新聞やメディアでは、ピットブルをペットとして引き取ったという話がしばしばあります。ただし、ピットブルが人や子供を攻撃したケースも存在しています。これにより、多くの人がピットブルに対して否定的な見方をするようになり、一般の人々はピットブルを恐れています。通りでピットブルが散歩しているのを見た場合、実際、ピットブルに近づこうとしない人も多いです。一般の人々はピットブルの反応を恐れているようです。

しかし、よく訓練されたピットブルを飼っている飼い主は、ピットブルが長年にわたって悪い評判を得ているにもかかわらず、ピットブルが他の犬と同じように優しくて友好的な犬であることを知っています。

ダン・ティレリーは常に犬を飼うことを夢見ていました。そして、彼の夢がついに実現したとき、彼は自分のFacebookページに愛犬とのセルフィーを投稿し、この瞬間を不滅にしたいと思いました。ダンは投稿に対して「いいね!」を期待し、愛犬へのコメントを載せましたが、この投稿により彼は予想もしなかった結果を受け取ります…。この写真のために犬を放棄しなければならないと要求されるのです。この記事を読み進めて、実際にダンの元に何が起こったのか知ってください。

犬が欲しい

ダンと彼のガールフレンドは、長い間、犬を飼いたいと思っていました。そこで、犬を飼えたとき、彼らは幸せでした。ダンは最近のオークランドプレスのインタビューで次のように述べています。「ガールフレンドと私はずっと犬を飼うことを夢見ていました。しかし、私たちが借りていた家では、犬を飼うことが許されていなかったのです。この度、彼女と一緒に最初の家を購入しました。これで、犬を飼うことができます!」

Advertisements
Advertisements

夢を実現する

新しい家に引っ越してすぐに、ダンと彼のガールフレンドは、犬を飼うために探し始めました。彼らの新しい家では、動物を飼うことができます。ダンにとって犬を飼う絶好の機会でした。カップルは、その後、サー・ウィグルトンと呼ばれるレスキュー犬を気に入りました。

Advertisements
Advertisements