ランタ島:Fidjiの候補者であり、元野生の中で育ったファビアン

フランスの『ランタ島:Fidjiアドベンチャー』ショーは、まったく新しいシーズンを引っさげて、9月にお茶の間に戻ってきます。この新しいシーズンの候補者の中には、それまでの視聴者にまったく知られていない顔が見られます。その中でも最も注目を集めているのは、47歳のソーシャルワーカーであるファビアンです。ファビアンはスイス出身で、ロックバンドに属しています。しかし、彼について注意を引く最も重大な点は、ファビアンは元野生の子供だったことです。そんなファビアンは、一体現在までどのような人生を辿ってきたのでしょうか?

Advertisements
Advertisements

厳しい子供時代

ファビアンは、困難で波乱に満ちた子供時代を過ごしていました。なんと、そのほとんどを鶏小屋で過ごしたというのです。何かヘマをしたら殺すと祖母から脅され、または庭に放置されていたという証言からも、彼の悲惨な子供時代が伺えます。ファビアンは幼い頃から鶏小屋に入れられ、そこで育ちました。彼の人生におけるこの段階は、間違いなく彼の全体の人生の中で、最も恐ろしい期間であったことは間違いないでしょう。ファビアン自身の発言によると、彼は生存者です。なぜなら、彼は当時何も知らない小さな子供であり、母親に捨てられ、祖母に引き取られていました。しかし、ファビアンの祖母は子供や孫を持つことを望んではいなかったようです。そのため、彼女はファビアンを虐待するような行為を行っていたものと考えられます。しかしファビアンは、自身の母親が彼を捨てて、祖母に託した明確な理由については知らないようです。そのため、ファビアンはかなりワイルドな環境のもとで、子供時代を過ごしました。彼はまた、ウルグアイにおける軍事政権での困難な生活を、痛々しいほど覚えています。しかし謙虚なファビアンは、鶏小屋の鶏が自分を傷つけなかったことはまだ幸運だと発言しています。そして、祖母からの虐待が苛烈さを増してきた時、ファビアンはウルグアイの女性の元に引き取られました。ファビアンその人生を通して大変な困難を経験してきましたが、その人生をあきらめることは一度も考えませんでした。

決して諦めない

現在47歳のソーシャルワーカーであるファビアンは、多くの人々の琴線に触れるような、実に痛々しい過去を持った男性です。しかし、これらの過去をバネとして、現在のファビアンは鋼鉄のような強靭な精神を持つことができました。彼ほどのタフさがあれば、『ランタ島:Fidji』においてもきっと役立つはずです。生活中に襲いかかる様々な自然の障害を、彼は誰よりもうまく乗り越えられるかもしれません。またファビアンは既婚者で、現在2人の子供の父親です。このアドベンチャーゲームに参加することにした彼の唯一の目的は、彼の子供たちに誇りに思って欲しいという点にあります。それはまた、彼は人生においてはどんなことも可能なのだ、ということを証明する手立てでもあります。現在、ファビアンの過去の一部は、ソーシャルメディアで大きな話題になっています。彼の音楽キャリアに観点を向けると、彼はPhobiと呼ばれるロックバンドに属しています。彼はそこで、メタル、ラテンなどのいくつかのジャンルをミックスした音楽を制作しています。特に彼は、1980年から1990年代のメタル音楽のファンであると主張しています。そんな彼の音楽の一部は、バンドの公式ページにて視聴することができます。

Advertisements