トム・ディバーシーの死:リアリティショーの友人による追悼

トム・ディバーシーは、『ザ・ヴィラ』、『10・パーフェクト・カップルズ』、『ザ・バトル・オブ・カップルズ』などの、いくつかのリアリティショーに出演していた俳優です。しかし彼は、フランスのニースで発生した自動車事故の後、今週の木曜日に24歳でこの世を去りました。彼の死に関する情報が公開されると、すぐに彼の親類、友人、またリアリティーショーでの共演者が悲嘆に暮れました。彼のエージェントであるマガリ・バーディは、常に笑顔を絶やさないトム・ディバーシーの存在を忘れることはないだろうと述べています。トム・ディバーシーは、美しい心を持った男性として知られていました。ここで確かなことは、彼のことを個人的に知っている全ての人々は、彼が素晴らしい人間だったということを永遠に忘れないだろうということです。

Advertisements
Advertisements

リアリティーショーの共演者からの言葉

トム・ディバーシーの死の発表は、特にリアリティショーの共演者の間で多くの動揺を生み出しました。共演者たちは、この悲しいニュースを聞いたとたん、信じられないと悲嘆に暮れました。そして、彼が参加した最初のリアリティーショーの制作会社は、遺族に心からのお悔やみのメッセージを送りました。制作会社はまた、トムは非常に陽気な男性であり、今後一切忘れられることはないだろうとも述べています。この発表に続いて、アレクサ・ラロッチェ-フーバートは、『10・パーフェクト・カップルズ』のリアリティショー出会ったトムの死について、彼女の悲しみを表しました。かつて、トムと同様の自動車事故で夫を亡くした彼女は、悲しむ遺族へと真摯なる気持ちを示したかったのです。『10・パーフェクト・カップルズ』のホストである彼女はまた、トム・ディバーシーに哀悼の意を表明するための、いくつかの言葉を発表しました。彼女は、トムの素敵な笑顔についてコメントし、またエルサ・ファイヤーは、トムの家族と彼のガールフレンド、ハグダ・パトラに心からのお悔やみを表明しました。

多くの悲嘆に暮れる人々

リアリティショーで有名なトムは、『プリンセス・アンド・プリンセシーズ・オブ・ラブ・』だけでなく、『フレンズ』にも参加していました。彼の死に直面して、また別の2つのリアリティショーの制作会社も、悲しむ遺族に対してお悔やみのメッセージを送信しました。トムが出演したすべてのリアリティーショーを通して、彼は親切で、実に優しい男性であると評判を得ていました。そして放送局の NRJ12 および W9 チャンネルは、ソーシャルメディアを通じて、彼に敬意を表しました。

TFXで放送されたのは、リアリティショーです。トムはかつて、彼のガールフレンドのハグダ・パトラと共に番組に参加しました。プロダクションが彼の死を発表すると、彼らはTF1チャンネルを通じてトムの遺族全員に哀悼の意を表明しました。また、Instagramでトムをフォローしていた友人たち全員は、同プラットフォームを通して彼に対して哀悼の意を捧げました。

Advertisements