人気シリーズ『ビッグバン★セオリー』の歴史と快挙

大人気のドラマシリーズ『ビッグバン★セオリー』は、12シーズン続いた後、2019年春に無事に終了しました。このシリーズは、CBSチャンネルによって毎週水曜日に発表されており、多数の物理学者と科学者の友人を持つ、若き男性シェルドン・クーパーの日常生活を追っているものです。 同ドラマの最終シーズン12は、2018年の9月24日からアメリカのチャンネルCBSで放送され、翌年の5月に終了しました。 合計して、全279エピソードに渡って繰り広げられた『ビッグバン★セオリー』は、近年において最も長く続いたドラマシリーズの1つです。

Advertisements
Advertisements

創造的で記憶に残るエンディング

出演俳優、脚本家、そして制作チーム全体は、このシリーズの成功に非常に満足しながら、最終シーズンであるシーズン12を無事に迎えることにしました。この最終シーズンの目的は、同シリーズをこれまでにないほど創造的で、驚くような結論へと導くことです。アメリカだけでも、シーズン9の視聴者数は2,000万人を超え、昨シーズンにはほぼ1,900万人の視聴者を集めたという事実は、まさに特筆すべき事です。このシリーズは、2017年からアメリカで放送され始めました。そして、フランス語版は『Canal + Séries』というタイトルで放送されており、NRJにて放送されています。『ビッグバン★セオリー』は、世界で最も注目されているドラマシリーズの1つとしての地位を確立しました。2018年に放映されたシーズン11は、各エピソードごとに1,900万人を超える視聴者数を記録しました。この快挙により、同作品は2017年・2018年を通して、最も注目されているドラマシリーズの第二位の地位を会得しました。そしておそらく、シーズン12の実現に繋がったのは、これらの快挙によるものでしょう。

いつかは終わらせなければならない

私たちは、いくら彼らのことを愛しているとはいえ、シェルドンと友人の科学者たちに別れを告げなければなりませんでした。たとえワーナー・ブラザーズとCBSが、新しいシーズンについて話し始めたとしても、『ビッグバン★セオリー』は、シーズン12でその歴史に一旦ピリオドを打ちます。同シーズンは、アメリカで9月24日から放映が始まり、2019年5月に終了しました。全エピソードの数は279にも及び、この記録は、『ビッグバン★セオリー』をアメリカのテレビドラマシリーズで最も長いシリーズのうちの1つに押し上げました。

制作元のチャック・ロリー・プロダクション、ワーナー・ブラザーズ、および放映局のCBSは、『ビッグバン★セオリー』シリーズの公式Twitterアカウントを通じて、公式のコメントを発表しています。「これまでの全12シーズンを通じて、忠誠心を見せてくれたファンとキャスト、全てに感謝しています。」全ての出演者、制作チーム、脚本家、そしてプロデューサーは、このシリーズの成功を誇りに思っており、最終シーズンとなるシーズン12では、シリーズ中で最も記憶に残るエンディングを提供しました。このシリーズは、多くの人にとって若き時代を想起させるものであり、一部の人々のインスピレーションの源となりました。作品内では、物事が非常にコミカルに描かれているだけでなく、視聴者は科学についての多くのことも学べました。

『ビッグバン★セオリー』その11年の放映期間を通じて、多数の賞を受賞しました。それらの52回のノミネートのうち、10回はエミー賞へのノミネートでした。これらの快挙にも関わらず、『ビッグバン★セオリー』は、いまだ最高のコメディ・シリーズのタイトルを獲得したことはありません。

Advertisements
Advertisements