ジョージ・クルーニー:テキーラのおかげで、最高額のギャラを得た俳優

フォーブスは最近、分野別に最も裕福な男性のランキングを発表しました。そして、2017年にはランキングを大きく支配していたドウェイン・ジョンソンは、今や俳優のジョージ・クルーニーによってかつての位置を奪われているという事実には、誰もが驚きました。驚いたことに、2018年のランキングにおいては、ジョージ・クルーニーの資産はおよそ2億3900万ドルにまで達しています。そのためジョージ・クルーニーは、2018年における世界で最も高額のギャラを稼いだ俳優ということになります。彼の持つこの莫大な資産は、実際には彼のテキーラビジネスからもたらされたものです。彼は俳優業ではなく、テキーラの販売のおかげで、2億3900万ドル近くもの資産を貯める事に成功し、また映画の撮影の功績によって、600万ドルを稼ぎました。これらの数値は、彼のテキーラビジネスがいかに順調に運んでいるかを物語っています。

最も裕福なプレイヤー

Advertisements
Advertisements

クルーニーは、これらの非常に収益性の高い商業活動から、全体の収入における95%以上を得ています。彼はこれらの活動により、世界の高収入ランキングのトップに登りつめることができました。その2位には、2018年を代表して1億万ドル以上もの資産を稼いだ、ドウェイン・ジョンソンの名前が上がっています。同ランキングの3位と4位には、ロバート・ダウニー・Jrとクリス・ヘムズワースが続いています。そして5位と6位は、それぞれの世代をマークする、2人の代表的な俳優になります。その2人とは、ジャッキー・チェンとウィル・スミスのことです。これらの男性は、映画界における最も裕福な人物として君臨しています。彼らの持つ個人的な資産は、世界で最も高い給料を支払われている女優、スカーレット・アリス・ジョンソンよりもはるかに高額です。

男性と女性の顕著な違い

俳優の間では、特に性別における収入の点で、顕著な不平等が存在しています。世界で最も高い給料を貰っている6人の男優は、最も高い給料を貰っている女優の金額よりも、遥かに高い収入を得ています。世界で最も裕福な10人の女優の個人的な資産でさえ、最も裕福な10人の男性俳優の資産には遠く及ばないのです。俳優業においては、男性は女性よりも収入がはるかに多いことは、容易に推測できます。また最も驚くべきことは、映画の主役を一本も務めることのないまま、現在世界で最も裕福な俳優とされているジョージ・クルーニーのケースです。

ネスプレッソとテキーラの会社のオーナーとして、ジョージ・クルーニーの懐があっという間に潤ったことは容易に理解できます。しかし、ジョージ・クルーニーがランキングで一位を会得したとしても、ドウェイン・ジョンソンの存在を忘れることはできないでしょう。ドウェイン・ジョンソンは、『ジュマンジ』の成功以来、数億万ドルを集めることに成功しました。そんなジョンソンの収入が、主に演技のスキルから来ているとしても、多くのパートナーシップとインターネットユーザーからの評判により、彼はさらに多くのお金を稼ぐことが可能になっています。

Advertisements
Advertisements