赤ちゃん出産の可能性はほとんどなかった、46歳のアドリアナ・カランブーがママに

ニナの誕生:46歳のアドリアナ・カランブーが経験した、人生の奇跡的な転機

Advertisements
Advertisements

サッカー選手クリスティアン・カランブーの元妻であるアドリアナ・カランブーは、昨年6月に妊娠を発表しました。彼女は常に子供を産むことを夢見ていたため、それからすぐに妊娠を発表しました。そして彼女の待望の娘は、実に健康な状態でこの世に受けました。この娘の名前はニナといい、彼女の誕生は、現在46歳のアドリアナ・カランブーにとって奇跡的なことでした。

ニナの父親は、ビジネスマンのアラム・オハニアンです。彼は2014年からアドリアナ・カランブーと結婚しており、夫婦は非常に長い間、娘の誕生を待っていました。実際に、アドリアナ・カランブーは何度かの体外受精に失敗し、流産をも経験していました。2016年には、妊娠7週目で流産を経験しています。これらの不幸な出来事にもかかわらず、彼女は決して諦めることはありませんでした。

そんな彼女がニナの誕生を待っていたとき、医師たちはもはや希望を持ってはいませんでした。 アドリアナは、TF1で放送されたSeptà Huitプログラムに出演したときに、アドリアナの担当の婦人科医から、子供の生殖の可能性は最小限であると伝えられたことを明かしました。そしてもちろん、アドリアナはそのような発表を期待してはいませんでした。

しかしアドリアナは、医師の言葉を鵜呑みにすることはなく、ニナの妊娠は、彼女にとって本当の奇跡といえる経験でした。それよりも、彼女は自分の子供との年齢差に関する質問を恐れていました。これまでに、カップルはこれらの問題を数回提起しています。もちろん、彼らは子供と一緒に過ごせる時間が限られていることを知っています。

今日のアドリアナは、娘をただ心の底から愛することだけを考えています。アドリアナは、今や母親として、人生は誰にとっても異なる運命を持っているのだと語っています。彼女は、かなり若い両親によって育てられました。しかし彼女は、特に父親からは十分な愛情を受けて育たなかったと感じています。この経験は、アドリアナの人生において深い傷となって残りました。そんな彼女は、むしろより熟した年齢の、より思いやりのある父親に育てられた方がよっぽど良かったと発言しています。優しさは、年齢の問題ではありませんが、今回のアドリアナの発言は、彼女の生い立ちを考えると、誰もが理解できることです。

Advertisements