ヒュー・ヘフナーと神秘的なプレイボーイ・マンション

2017年末、ヒュー・ヘフナーが91歳で亡くなったとしても、彼は歴史的に有名なプレイボーイ誌の創設者として、その名は永遠は忘れられることはないでしょう。

Advertisements
Advertisements

ヒュー・ヘフナーは、「プレイボーイ・マンション」という、大きな遺産をこの世に残しています。このプレイボーイ・マンションとは、そこで多くのドラマが繰り広げられたと推測される、非常に神秘的な大邸宅です。それらのドラマの一例を上げると、1970年代にヘフナーが起業した時、彼はシカゴの大邸宅で「プレイメイト」を囲んだパーティーを計画し、後に彼のアシスタントは大邸宅で薬物を配ったと非難され、自殺しました。このアシスタントは、ヒュー・ヘフナーに対して証言することを決して望んではいませんでした。その結果アシスタントは、告発に関与しないように、ホテルの部屋で自殺したのです。

この悲劇の後、ヒュー・ヘフナーはロサンゼルスに移ることに決め、彼の「プレイメイト」と落ち着くための新しい大邸宅を見つけました。この大邸宅は、すぐにハリウッドの著名人の間の乱交の場と化しました。そのため、この大邸宅で開催されたパーティーは、いつもドラマがついて回ったのです。

この大邸宅は、暗い事件が起こる場所としてその悪名を広げていました。1974年には、ビル・クロスビーが15歳の少女をロサンゼルスのヘフナー邸へと連れて行き、そこで強姦したと伝えられています。それから30年後には、また別の若い女性が、夕方に意識を失った後、ビル・クロスビーと一緒に、プレイボーイ・マンションの一室て目を覚ましたと発言しています。そこでビル・クロスビーは、大邸宅でこの若い女の子を強姦し、またヒュー・ヘフナーも、ビル・クロスビーを助けたとして一緒に起訴されました。

ヒュー・ヘフナーの死後、プレイボーイ・マンションは取り壊される予定でしたが、最終的にはロサンゼルスの街に留まったままです。

Advertisements
Advertisements