スクリーンは目を破壊させる可能性が

科学者たちは、スクリーンから出るブルーライトが目の損傷を引き起こす可能性があることを示しています。スクリーンとは、携帯電話、コンピュータ、タブレットなどの画面のことです。したがって、実施された新しい研究は、スクリーンからのブルーライトが目にどのように危険かを示しています。このブルーライトは網膜の破壊につながります。スクリーンは日常生活の中で重要な位置を占めるようになりました。それ以来、これらのスクリーンから出るブルーライトは視覚にとって危険であると言われています。しかし、この現象の原因と結果を明確に説明できる人はいませんでした。

Advertisements
Advertisements

化学反応:主な原因

最終的に、米国のトレド大学の研究者たちは、スクリーンの目に対する危険性の原因を実証することに成功しました。科学者たちは、目がスクリーンからのブルーライトにさらされると、化学反応が目の内側で引き起こされると説明しています。目の中で繰り返し起こる化学反応は、後に毒素を引き起こし、毒素が目の光受容細胞を攻撃します。これらの細胞は目の網膜を構成し、これらの有毒分子の攻撃により時間とともに破壊されます。この研究の共著者であるカスン・ラトナヤケ博士は、毒素によって引き起こされる損傷は回復不可能であると述べています。カスン・ラトナヤケ博士によると、目の視細胞の再生の可能性はありません。一度破壊されると、終わりです。目におけるブルーライトの影響は完全にマイナスであり、可能な治療法はありません。

AMDと同様の効果

画面からのブルーライトは、AMD(加齢黄斑変性)と同じ結果を視覚にもたらすと言われています。この現象は網膜の中心部に影響を与え、したがって視力の完全な破壊につながります。この現象は一般的に高齢者で最も多く発生します。しかし、それはまた、幼い子供にも視力障害を引き起こす可能性があります。もちろん、放射線から保護するのに役立つ方法があります。最近はスマートフォンやコンピューターなしで生活することは難しいため、ブルーライトをカットするメガネをかけることを考える必要があります。これらのメガネは目を保護します。また、ブルーライトを減らすアプリケーションやソフトウェアをダウンロードすることもできます。電話やコンピューターの画面を暗闇で点灯させないでください。身体に対するスクリーンの効果は、見落としてはなりません。ブルーライトの効果は、有害であり、子供の脳の発達に影響を与える可能性があります。スクリーンを頻繁に使用すると、脳の発達が遅くなります。ブルーライトと紫外線の波長の類似性を実証するために、他の研究が実施されています。

Advertisements