毎日一杯のワインは健康に悪影響をもたらす

毎日のアルコール飲料の定期的な摂取の効果に関する最近の研究は、どれだけアルコール飲料を飲んだとしても、体に負のリスクがないわけではないことを示しています。したがって、この研究の結果は、少量でも飲用されるアルコールは体に悪影響を与えないという考えを否定しています。そのため、リスクを冒したくない場合は、単にアルコール消費を控えることをお勧めします。この研究によれば、毎日ワインを飲むことは体に有益ではありません。摂取量に関係なく、健康リスクは現実的です。適度に消費されたアルコールは、体に無害であるというすべての主張に疑問を投げかける研究。ビール、ワインなど、アルコール飲料を消費することで、あなたは自分自身を危険にさらしています。

アルコールの紛らわしい結果

Advertisements
Advertisements

医学雑誌であるLancetは、最近、この研究の結果を一般に公開しました。この研究の目的は、アルコールの摂取量に応じて、アルコールの摂取が身体にどのように影響するかを判断することでした。この研究は、24年の期間にわたって196か国を対象としています。多くの死がアルコール消費に関連していることが明らかになっています。アルコールを飲む人の33%は、アルコールに起因する健康上の問題により毎年死亡しています。性別分類では、アルコール飲料の消費に関連する死亡率は女性ではほぼ3%であるのに対し、男性では7%に向かう傾向があると指摘しています。 あなたが1日1杯のアルコール飲料の消費は影響がないと考えていたとしても、結果は真逆です。実際、1杯のアルコールを毎日摂取すると、心血管疾患、癌、その他の重篤な疾患を0.5%発症するリスクが生じることが証明されています。

アルコールは早死のリスクを高める

この研究を最後まで実施した研究者によると、アルコールは本当に重大な健康リスクをもたらします。そして、この研究を通じて提供された数値は、これらの声明の真実性を示しています。この研究の結果と以前に行われた結果のクロスオーバーは、研究者によると、アルコール消費が早死のリスクにプラスの影響を与えることを示しています。証拠として、アルコールは死と重病を引き起こす7番目の要因と考えられていました。したがって、アルコールを消費しない場合、これらの病気がかなり予防されます。これらの否定的な結果にもかかわらず、世界中のアルコール消費量は非常に高く、男性は女性よりも多く摂取しています。アルコールは世界に大混乱をもたらしている殺人者です。この研究により、1日1杯の飲酒から、世界中で年間100,000人近くの死者をもたらすことが考えられます。

Advertisements