すべての血液型を共通にさせる酵素

すぐに、誰もが命を救うために献血することが可能になります。世界中で献血の必要性が高まっており、「血液型が一致しない」や「普遍的なドナーではない」と言う口実で献血しないケースはほとんどなくなるはずです。この新しい酵素では、これ以上、献血に対して言い訳することはできません。

血液型を理解する

Advertisements
Advertisements

知らないかもしれませんが、世界には4つの異なる血液型があります。タイプはA、B、AB、およびOです。A型のドナーは、タイプAおよびABの血液型を持つ人々に血液を提供できます。B型のドナーは、グループBとABの人々に血液を提供できます。一方、AB型の人々は、AB型の人々への提供のみに制限されています。O型のドナーは、ユニバーサルドナーと呼ばれるため、最も求められています。つまり、O型は、A、B、およびAB型に血液を提供できます。

画期的な酵素

多くの研究を経て、専門家チームが誰もが普遍的なドナーになることを可能にしました。研究者は、消化器系(つまり腸)から細菌を抽出することに成功しました。このよく知られている方法はメタゲノミクスと呼ばれ、環境からすべての生物のDNAを抽出し、互いに混合します。この方法を使用して、専門家は微生物の遺伝地図を取得することができました。ムチンは、タンパク質を砂糖から取り除くのに役立つ微生物の1つです。実際には、A、B、およびAB型は、赤血球の表面を覆う抗原に由来します。これらの抗原は遺伝性であり、糖脂質、タンパク質、糖タンパク質であることがあるため、糖で構成されています。ムチンを使用すると、これらの血液型は抗原を取り除くことができ、この酵素で血液型をO型に変換できます。したがって、誰もが普遍的なドナーになれるのです。

病院での血液不足の解決策

今日、応急処置に関与する病院や国際機関では、血液が不足しています。その理由は、第一に、寄付する人が少ないため、第二に、寄付する人全員が普遍的なドナーではないため、特定の血液バッグが決して使用されないためです。この新しい酵素により、誰もが血液を寄付できる可能性があります。そして、この新しい酵素により、医学界で大きな革命が起きています。この研究が広く普及し、国際的に採用されれば、ボランティアはこの酵素を入手して血液型を変えて寄付することができます。したがって、世界でいくつかの命が救える可能性があります。

Advertisements