寒い気候の中でスポーツをする場合に注意すべき3つの事項

ウィンタースポーツをやめる理由はありません。寒くても、夏に向けて体を万全な体制に整えておく必要があります。ただし、寒い気候の中でスポーツをする場合は、外の天候に応じて注意する必要があります。ウィンタースポーツは、特に心臓の合併症を引き起こす可能性があります。ここでは、ウィンタースポーツセッションを開始する前に真剣に考えべきいくつかのポイントと注意事項をまとめました。

1)寒さから身を守るために衣類を着用

Advertisements
Advertisements

目標は、暖かい服をとにかく何枚も着ることではありません。むしろ、戦略的に衣類を着用ということです。特に体の隅を覆うことを考えなければなりません。実際、この部分は体から熱が逃げるポイントだからです。そのため、アウトドアスポーツを開始する前に、手袋、帽子、そして良質な靴を着用しましょう。また、寒さを恐れる場合は何枚かの衣服を着ることもできますが、できれば暖かく軽くて通気性のある衣服がベストです。

2)準備を整えてコントロール

可能であれば、外出する前に筋肉を温めてください。気温が低いほど、運動での頑張りに注意を払う必要があります。確かに、寒さによって、あなたはもっと頑張ろうと考えるはずです。冬にはスポーツを行うために、体がより多くのエネルギーを必要としています。外出する前によく準備して、肺、心臓、関節に注意を払ってください!

3)熱ショックとこまめな水分補給

寒い季節に家を出ると、体の中に入ってくる寒さにしばしば固まります。スポーツに出かけるときも同じです。この温度の変化は、健康に良くない熱ショックを引き起こします。体が弱い場合は、急激な温度変化を避けてください。また、頻繁に水分補給することを忘れないでください!一般的な考えに反して、水を飲むのは暑いからではありません。冬の運動中、寒さが原因でしばしば過小評価されている著しい脱水を引き起こす可能性があります。あなたの体は水を必要としています。

Advertisements