奇跡のケトン食!

カナダでは、3歳の少女が自己免疫性脳炎により1日に多くの発作に苦しんでいます。彼女の両親は、娘の発作を落ち着かせるためにあらゆることを試みましたが、何もうまくいきませんでした。そんな時、神経科医が特定の食事を提案し、彼らの生活が大きく変化します。

Advertisements
Advertisements

ティアナは、自己免疫性脳炎と診断されたとき、およそ3歳でした。自己免疫性脳炎は、免疫系が悪い抗体を産生し、脳を攻撃する病気です。ティアナは、食べたり、話したり、歩いたりすることはできません。

ティアナの両親は、娘を元の状態に戻そうと多くの薬と治療を試みましたが、何もうまくいきませんでした。ティアナは化学療法を経て、健康状態を安定させることはできましたが、治療することはできませんでした。その時、家族は特別な食事の利点を説明した若い神経科医と出会いました。

神経科医が処方する食事は、ケトン食です。この食事は、脂肪は豊富ですが糖分が少ない食品から成っています。ケトン食により、結果はすぐに現れました。ティアナは、発作を起こさなくなり、家族と再び話し始めました。ティアナは、数年間何も話さなかったため、両親はティアナの進歩に喜んでいました。

ケトン食は、脂肪(アボカド、クリーム、マヨネーズ、オイルなど)を食べることでカロリーの90%を摂取します。身体は、この食事には存在しない炭水化物を使用する代わりに脂肪をエネルギー源として使用し、脳に到達するケトンを生成します。

ティアナの担当である栄養士と神経科医によると、身体に対する栄養の影響は医学では過小評価されますが、投薬前に考慮すべき事項です。ケトン食は、もちろん医学的な監視を必要としますが、副作用は薬物を使用する場合よりもはるかに危険ではありません。長期的な目標は、薬の代わりに栄養を使用して、ティアナのような子供に奇跡を起こすことです。

Advertisements