74歳のジャクリーン・ジェンケルが死亡日を設定!

74才のジャクリーン・ジェンケル(Jacqueline Jencquel)は、自身の精神状態について話し、死ぬ意思を正当化することによって、死亡予定日を発表しました。この発表の後、多くのインターネットユーザーの間に衝撃を与え、今週末何千もの反応を得ました。不治または変性疾患に苦しんでいるわけでもないジャクリーン。彼女は2020年1月にスイスで「高齢の自発的中断」と呼ばれるものを望んでいます。

ジャクリーンは、フランス人女性です。彼女は、自発的かつ尊厳をもって死ぬ権利を求めて10年間キャンペーンを行って来ました。彼女は、フランスの法律を変更し、自殺を許可するよう求めています。彼女は、スイスで自殺をするために何十人ものフランス人に同行したことで知られています。しかし、彼女の場合、自身の死亡予定日を設定しました。

Advertisements
Advertisements

決断の理由は?

ジャクリーンは、日々進歩している加齢に直面し、不自由な体になる恐怖を取り除くのが良いと考えています。病室で死にかけている時に、看護師が囁く日が来る時など待つのは論外です。

彼女はビデオで、苦しみや病気の中で生きたくないと説明しています。「歳をとると、なかなか体は思うように動きません。絶対にです。多かれ少なかれ、調子はいいですが、日々恐怖を感じています。たとえば、脳卒中や何か異常が起きたら、フランスの病院に入院しなければならないでしょう。そうなれば、死ぬ日まで病院のベッドに繋がれなければならなくなります。つまり、死ぬことが許可されるまで、私は何週間もの間、植物人間にならなければならないということですよね?そんなの絶対に嫌です!

死またはわがままに直面する勇気?

ユーザーの意見は異なります。この発表は、受け入れ難い内容ですが、人間的なものだと考える人もいます。一方で、これは運命、重要な選択、利己心を妨げる決定だと言います。なぜなら、大きな理由もなく、人はそのまま生きなければならないからです。一部の人々にとって、死は依然としてタブーの主題であると言えます。

他のインターネットユーザーは、ジャクリーンの死は個人的な問題であり、死亡予定日を公表する必要はなかったと考えています。しかし、この並外れた証言の要点はそこにあります!ジャクリーンは、高齢の自発的中断の恩恵を受けることにより、スポークスマンとしての役割を果たし、自殺援助の合法化のキャンペーンを行おうと考えています。人生の予測不可能性の問題を提起することにより、倫理的、道徳的、法的ジレンマが開かれます。

Advertisements