フィンランド人が世界で一番幸せな理由

国連世界幸福レポートによると、フィンランド国民は、世界で最も幸せな人々です。これに関しては、いくつかの基準が考慮されています。この分析は、平均余命、社会扶助、居住者と外国人の間の緊張感、一人当たりGDPおよびその他の基準を考慮して行われました。フィンランドは、幸せに暮らしたい人にとってベストな国のようです。

国家政策を信頼

Advertisements
Advertisements

フィンランド人が世界で一番幸せな理由の1つは、フィンランド人のほとんどが、国家を信頼しているということです。調査によると、人口の80%以上が警察を信頼しています。これは世界のいくつかの国では当てはまりません。典型的なフィンランド人は、何が起こっても、国と地方の両方の政府が国民にとって有利に動くことを知っています。さらに、フィンランド人は自分たちの教育システムを信頼しており、市民は無料の教育の恩恵を受けるだけでなく、有利な健康システムの恩恵も受けています。

フィンランド人は親切で寛容

フィンランドの社会では、住民の間には一定の調和があり、彼らは互いに寛容であり、社会層の間には大きな違いはありません。裕福層と貧困層のライフスタイルは変わらないようで、富の分配は平等であり、すべての国民が良い生活と本当の幸福を持つことができます。男性と女性の両方が正当に権利を享受しています。さらに、両親は雇用主からの有給休暇を利用しており、各家族には休暇をとったり、さまざまなレジャー活動に参加する時間があります。さらに、住民はお互いに親切で、困難な場合にお互いを助けます。世界の他の国では見つけにくい特定の社会的結束があります。

移民は平和で安全に生活

分類に関して考慮される基準の1つは、移民の自由とライフスタイルです。一部の国ではすべての移民を出身国に戻すための法律が可決されていますが、フィンランドでは一定の権利があります。留学生の大半は無料の教育システムの恩恵を受けており、質の高いトレーニングを受けて将来を確保することができます。さらに、移民はまた、良い仕事をして、社会的地位を楽しむことができます。移民は差別されておらず、フィンランドに住む喜びを感じています。これは、フィンランドで誰もが故郷のように感じられる社会的結束をもう一度証明する点です。社会的、人種的、経済的な違いを考慮せずに他人と調和して生きることは、本当の幸福の源です。そして、これがフィンランドが国民に提供しているものです。

Advertisements