ディズニー買収後における『スター・ウォーズ』の進化

2012年、ディズニーグループは合計40億ドルでルーカスフィルムを買収しました。スターウォーズのファンの大多数が、この動きを良くは思っていませんでした。また、この取引がルーカスフィルムにとって最高の選択肢だったと思っている人はあまりいません。この買収をめぐる論争が収まった今こそ、『スター・ウォーズ』がどのように進化していったのか疑問に思いませんか。ご存知の通り、新しい映画が次々と登場しました。映画のリリース頻度は、年々増えており、ファンは喜んでいます。同様に、映画撮影の世界は、多種多様な映画でさらに発展しました。この記事では、『スター・ウォーズ』の変化と、買収後に行われた全ての変更点をまとめました。

Advertisements
Advertisements

ディズニー買収前のスター・ウォーズ

ディズニー買収前後のスター・ウォーズを比較すると、それらは実際には2つのまったく異なる時代であることがわかります。歴史を振り返ると、1990年代までスター・ウォーズの映画撮影はほとんどされていませんでした。関してほとんど発表していなかったことがわかります。小説、ビデオゲーム、三部作を発表しました。当時、スター・ウォーズが人気だったとしても、発展していたとは言い難い時期です。 1998年まで、映画は珍しいため、進化について適切に語ることはできません。ティモシー・ザーンによる『スター・ウォーズ帝国の後継者』のような興味深い小説が出版されています。ただし、スター・ウォーズはもともと映画の三部作を意図して作られていました。その後、範囲が広がり、いくつかの映画が公開されました。さらに、より多くの視聴者を獲得し、意欲的な目標を達成するために、クリエイターは、三部作の新しいバージョンをリリースし、より多くの映画をリリースしようとしました。しかし、2012年後半、買収取引によって、スター・ウォーズの著作権はディズニーが所有することになりました。

ディズニーの管理下にあるスター・ウォーズ

スター・ウォーズのレベルに加えられた最初の大きな変更は、まずディズニーに属する著作権の特性の変更です。そのため、2014年、新しい管理者であるディズニーは、スター・ウォーズのブランドの再開発を行うことにしました。ファンはこれに対して、非常に悪い反応を示しました。しかし、その後に成し遂げられた壮大な業績の結果、ファンはディズニーのスター・ウォーズのファンになりました。ディズニーは、実際に期待に応える映画をリリースするために、たとえファンがジェダイの帰還に合わせて新しい冒険の書き直しに期待しているとしても、素晴らしい仕事をしています。

Advertisements