映画『ブレードランナー』:2018年の最も重要な映画

もしあなたが映画『ブレードランナー』に馴染みがないのであれば、他の映画と比べてどのように際立っていたのかを説明するために、歴史を遡る必要があります。何しろ、2000年代に入る前に製作されたSF映画ですから。実は、ライリー・スクートという監督が1982年に発表した作品なのです。基本的な脚本は小説がベースになっています。聞くところによると、この映画の企画はかなり物議をかもしたようです。プロデューサーは、この映画の作り方にあまり満足していなかったといいます。公開された映画はあまり興行がふるいませんでしたが、いくつかの賞を受賞しました。この映画が一般に少しずつ知られるようになったのは1992年頃のことです。その後、2007年には新バージョンの映画が公開されました。さらに10年後には、監督を変えて「ブレードランナー2049」として再公開されました。

Advertisements
Advertisements

時をさかのぼる映画

映画『ブレードランナー』の舞台は、2049年です。つまりほぼ30年後のストーリーですね。地球は前例のない大変動に見舞われました。この大変動は、人間の生体工学の結果にほかなりません。人間とロボットとの間に緊張が生じました。そのため、反抗的なロボットを倒し、人間に服従させるために、本当の戦争が勃発しました。この映画は、地球が犠牲になる生態系の危機を強調しています。それは、悪い技術選択の結果によって起こる災害について、人間に警告しようとしています。この映画は、本当に印象的で、悲しい、そして悪夢のような内容です。この映画はまた、自分の正体が誰か分からない主人公Kに疑問を投げかけます。Kのミッション中に、アナを保護し、人間とうまくいかなかったロボットを排除しました。多くの質問が残りましたが、映画では明確な答えを出したくなかったようです。

ブレードランナーの結末に関する解釈

ブレードランナーの結末は、映画で提起されたすべての質問に答えるには程遠いです。一部の人々は、この映画には、続編があるはずだと考えています。おそらくそうかもしれません。しかし、やはりこの映画の終わりについての解釈は簡単ではありません。実際、最初のブレードランナーと同様に、多くの灰色の領域が表示されます。しかし、覚えておくべき主なメッセージは、自分の感情を明らかにするロボットは、人間よりもはるかに人間らしく見えたということです。映画に登場する人間たちは、冷酷で、無感情のように見えました。つまり、映画の中での実際の悪役は、人間自身だということでしょうか?

Advertisements