宇宙旅行に適用されるべき規制とは?

漫画やSFシリーズで宇宙旅行を想像する時代は終わりました。新しい機器が導入されたことで、宇宙旅行は現実のものとなりつつあり、すでに何千人もの人々の関心を集めています。この新興産業に関しては、施行されている法律は乗客の安全を確保するには不十分であるため、大気中の事故が発生した場合に備えて保険に加入することもできません。

Advertisements
Advertisements

収益性の高い産業

宇宙観光産業によって実施された分析と市場調査によると、毎年1000人以上の人々が宇宙旅行をする準備ができています。航空宇宙産業が12か月稼働した後に得ることができる利益が合計10億ドルです。億万長者のリチャード・ブランソンが所有するヴァージン・グループのヴァージン・ギャラティック・カンパニーは、3万人を受け入れ可能な中、すでに200人の宇宙観光客を抱えています。さらに、他の多くの企業は、XCORなどの宇宙船の建設で開発しましたが、これは準軌道飛行にのみ使用されます。一方、Ansar X-Prize(サブオービタル宇宙船で3人に宇宙飛行を提供することを目指している会社)も競合しており、すでに1ユニットあたり10万ドルで多数のチケットを販売しています。

宇宙インフラの建設

世界のいくつかの国では、インフラの構築が進められていたり、すでに竣工していたりします。例えば、ニューメキシコ州、フロリダ州、テキサス州、オクラホマ州では、宇宙船の離着陸を可能にするスペースポートが建設されています。また、イギリスも8つのスペースポートを建設し、9,000万ドルを投じてハイブリッド宇宙船「スカイロン」を開発するなど、画期的な開発競争に参戦しています。東洋では、お金持ちの国は鎖につながれていません。アラブ首長国連邦やシンガポールもいくつかの宇宙港の建設を計画しています。アフリカでは、大陸の大国のひとつであるナイジェリアが、人を宇宙に送るという野望を持っています。

宇宙法は発展途上

このように航空宇宙産業が急成長している中で、サブオービタル・ツーリズムには確固たる法律がありません。現存する法律の草案は、主権国家間で適用されることを想定して作られています。しかし、現存する社会法は、政治家や国際的な上級官僚、献身的な科学者たちが、この方向に自分を投影することで構築したものです。したがって、宇宙法は、宇宙条約(1967年)や月条約(1979年)に由来する「人類の領域」や「人類の共通遺産」の原則といった友愛的な理想に応えるものでです。また、この法律では、宇宙飛行士やすべての宇宙物体が敵地に着陸した場合でも、本国に帰還することを定めています。この宇宙法は、宇宙で何が起こるかを決定する権限を国家に与えるものです。

Advertisements