世界で最もビールを飲む国

ビールは世界中で消費されるアルコール飲料であり、発酵飲料です。ビールには、多くの美徳があります。とりわけ、ビールには多くの栄養素があり、ストレス発散を支援し、特に暑い時期にはのどの渇きを癒します。世界で最もビールの消費量が多い国は次のとおりです。

Advertisements
Advertisements

チェコ共和国

ビールの生産に関しては世界で最初の場所を占めていないという事実にもかかわらず、チェコ共和国は1人あたり年間150リットル近くの年間消費量という量で際立っています。チェコ共和国には多くの醸造所があり、「チェコビール」と呼ばれるビールラベルさえ存在します。さらに、バーではビールよりも水の方が価格が高くなります。 12歳と13歳の子供たちが、ビールを飲むことができます。ただし、多くの国でビールを消費できる法定年齢は18歳です。

ドイツ

ドイツのビールは有名です。世界で販売されているビールの最大のブランドは、ビールが国家遺産の一部であるこの国から来ています。毎年、ドイツビールを祝うために2週間にわたって大きな祭りが開催されます。ドイツではほとんどの人がビールを飲みます。ビール業界は本当に発展しており、ビールの販売を専門とする多くの企業があります。一人当たりの平均消費量は年間106リットルです。

オーストリア

オーストリアは、世界中で非常に人気がある有名な花崗岩ビールを生産しています。また、 EdelweissやEngelszellなどの有名なビールブランドは、世界中で非常に人気のあるオーストリアのビールです。一人当たりの平均消費量は年間106リットルです。パーティー、夜、さらには家でも、ビールは大量に消費されています。白ビールや花崗岩ビールを飲みたいなら、オーストリアへ旅行に行きましょう。

エストニア

エストニア人は世界中のビールの主要消費者でもあります。全国どこでも、暑い日でも寒い日でも、誰もがビールを飲み続けています。 MEPによると、ビールは非常に人気があるため、販売価格を引き上げた新政府は移転のリスクにさらされています。平均して、住民は年間102リットルのビールを消費しています。エストニアのビール産業は繁栄しています。

ポーランド

住民1人あたりおよび1年あたり約98リットルの消費で、ポーランドは住民とヨーロッパで幅広いビールを提供しています。国内には合計150の醸造所があり、最も有名なブランドはZywiec、Okocim、Lech、Heweliuszなどです。住民はいつでもビールを飲むのを楽しんでおり、夏にはさらにビールを消費します。幼い頃から隣国ドイツのようにビールを味わっています。おいしいビールを楽しむには、田舎のツアーに参加しましょう。

Advertisements
Advertisements