子供たちがピエロを恐れる理由

満面の笑みを浮かべ、厚塗りの化粧をし、大きな赤い鼻をした奇妙な人々は、子供たちを魅了すると同時に怖がらせます。このような面白くて親しみやすい人々に対する恐怖は、道化恐怖症と呼ばれています。サーカスや子供の誕生日会にピエロがいたとしても、ほとんどの子供にとってピエロは楽しい存在ではありません。

Advertisements
Advertisements

不信感を抱かせる顔:

子供たちのこの恐怖は、ピエロの外見からくる不信感によって説明されます。本来、子どもは知らない人を怖がるものです。濃いメイク、不敵な笑み、凍りついた顔では、子どもたちの信頼を得ることは難しいのです。自分の正体を明かさない彼らの匿名性は、子どもたちを不安にさせます。

お子さんがピエロを怖がっている場合は、無理に近づけないようにしましょう。抱きしめて安心させてあげましょう。心地よい言葉を囁いて、ピエロは優しくて傷つかないことを伝えましょう。

ピエロへのトラウマ:

悪い経験が原因でピエロ恐怖症になることがあります。意地悪なピエロが出てくる映画を見ると、ちょっとしたショックで小さなトラウマになることがあります。このようなイメージは常に頭の片隅に埋もれていて、無意識のうちに引き起こされるものです。この恐怖症を引き起こすには、人生の中で少なくとも一度はピエロを恐ろしい状況で見たことがあることが必要です。この恐怖症は、ピエロに襲われる可能性から身を守ろうとする反応として現れます。

ピエロ恐怖症に気付くには?

子供の場合、幼いうちに恐怖症を発見するのが一番です。そして、少しずつ恐怖症を取り除いていくのです。徐々にピエロに慣れさせていく必要があります。まず、ピエロは完全に無害であり、子供たちを楽しませるために着飾ったり、化粧をしたりしていることを説明しなければなりません。

私たちは « ストレンジ・シチュエーション « と呼ばれる手法を使って、子どもを親や親戚以外の見知らぬ人たちと一緒の状況に置いて、その反応を観察します。もし、子どもがピエロを見て怖がってしまったら、徐々に減感作をして安心させる必要があります。専門家は、恐怖はそのような状況での経験が不足しているからだと考えています。

持続的な恐怖:

ピエロ恐怖症は、子供のうちに対応しても、大人になってからも続くことがあります。専門家の中には、ピエロ恐怖症を解消するには、いくつかの良い方法があると考えている人もいます。第一に、患者は自分ではどうしようもない恐怖に対して罪悪感を抱く必要はないことを理解する必要があります。次に、この種の恐怖症に対しては、2段階の行動療法が非常に効果的です。第一段階では、恐怖症の原因を探る必要があります。そして第二段階では、不安の原因を知ったのち恐怖心を取り除く必要があります。

Advertisements