スタートアップ企業が未来の街をどのように形成するのか

私たちの都市や田舎の未来は、新たな技術的展望に支えられています。最適化された自律性を備えたバッテリーパック、革新的な輸送手段、あらゆる種類のロボットが、私たちの未来のライフスタイルに欠かせないものとなるでしょう。

Advertisements
Advertisements

スマートシティが話題になってからしばらく経ちますが、この理想的な都市の実現に向けたステップを想像するのは、まだ難しいことです。しかし、このプロジェクトは本当に正しい方向に進んでいます。現在、さまざまな技術革新を武器に、最も野心的なスタートアップ企業がその実現に向けて取り組んでいます。この物語では、そんな野心的な起業家たちの姿を明らかにしていきます。

PowerUpの長時間持つバッテリー

実際のスマートシティを作るには、1か月使用した後でも充電量の50%以上を保持できるバッテリーが必要です。確かに、未来都市のさまざまなロボットと操作機器を機能させるには、長持ちするバッテリーを作る必要があります。そこで、この革新を提供するスタートアップがPowerUpです。PowerUpのエンジニアは、リチウムイオン電池の寿命を2倍にする計画を立てています。スマートシティのガジェットの大部分には、実際にリチウムイオン電池が装備されています。

PowerUpのCEOであるジョセリン・プリウール氏の発言を紹介します。「バッテリーがどのように劣化するかを研究することで、さまざまな劣化現象を理解し、バッテリーを長持ちさせ、その真の寿命を知るための戦略を確立しました…」。

ジョセリン氏は、バッテリーの寿命を最適化するこのプロジェクトでは、機器の使用状況、使用環境の温度、充電エネルギーの性質など、さまざまな影響要因に合わせた充電システムを使用しています。さらに、この企業は現在、Eenedis社、Legrand社、Orange社、SNCF社と提携し、多くのプロジェクトを進めています。

この革新的なビジョンに加えて、企業にはボーナスが用意されています。それは、PowerUpを使って、バッテリーパークが正常に機能しているかどうかを確認することができるというものです。PowerUpとは、企業のバッテリーに関するデータを収集する人工知能のことです。このシステムは、都市や公共交通機関の管理に欠かせないものとなるでしょう。

HySiLabs、まもなく制御される水素エネルギー

再生可能エネルギーの研究をしている人たちは、水素に希望があることを知っています。確かに、このエネルギーのおかげで、未来の二酸化炭素排出量は少なくなるでしょう。しかし、水素を貯蔵したり、適切に輸送したりする方法を見つけるのは、いまだに難しいことです。そこで、HySiLabsが提案するのが、液体水素キャリアです。この発見は、エクス・マルセイユ大学の研究者たちによる、まったくの偶然によるものです。

この革命的な発見は、エネルギー輸送の世界に大きな影響を与えることは間違いない。HySiLabs社の創設者である30歳のピエール・エマニュエル・カサノバ氏は、「水素の最も難しい点は、輸送が非常に困難な気体であることだ」と述べています。しかし、彼と彼のチームは、液体を水素に充電・放電する画期的な方法を発見しました。その結果、7倍の量の水素を輸送できるようになり、トラックや船の使用量が少なくて済みます(CO2の削減)。また、配送段階での効率も向上します。

ピエール・エマニュエル・カサノバ氏のコメントを紹介します:「このソリューションを使えば、未来の都市に大規模なエネルギーを簡単かつエコロジーに供給することが可能になります。言うまでもなく、最終的には化石燃料を水素に置き換えることができるのです。私たちは確かに正しい道を歩んでいるのです」

Vitirover、ブドウ畑用ロボット

スマートシティと同様に、スマートカントリーサイドも非常に魅力的です。今日、Vitiroverのおかげで、スマートカントリーサイドも正しい方向に向かっています。この革命を起こしたスタートアップ企業は、サンテミリオンのブドウ畑にあります。その創業者は、ワイン生産者の家系に生まれました。後者が発明したのは、トラクターなどの大型機械に代わる新たな「ワイン生産者」です。

Vitirover社のコネクテッド・オブジェクトの担当者で、ロボット工学のエンジニアであるクレメント・サンカー氏は次のように述べています。「大量のエネルギーを消費する大型機械を使ったり、化学製品を散布するのではなく、非常に経済的で、太陽エネルギーで動く小型機械群を配備することを提案します。いわば、羊を放して草を刈るという先祖代々の技術に戻るのです」

注意していただきたいのは、Vitirover社のロボットたちは、通常のガーデニング用品とは比較にならないということです。彼らは、知的で好奇心旺盛な動物の小さな群れのように働きます。さらに言えば、彼らはお互いにコミュニケーションをとっています。彼らは自分自身を組織化するために発明されました。つまり、それぞれのロボットが自分の作業領域をカバーし、通常の作業を行うことができるのです。1台のロボットが故障しても、他のロボットが引き継ぐことができます。

さらに、頑丈でコンパクトなデザインのおかげで、どんな場所でも作業ができます。近い将来、鉄道線路の端や、一般の技術者が立ち入ることのできない高圧・中圧の変圧器ステーションの未整備エリアのメンテナンスに使用される予定です。

また、このロボットについて、クレメント・サンカー氏は次のように述べています。「故障しにくく、環境にやさしく、接続部がなく、遠隔操作が可能な機械なので、その用途は多岐にわたります。さらに、このロボットはまだ始まったばかりだとも考えている。フランス中の農家が、Vitiroverの新製品の登場を心待ちにしている」

Advertisements
Advertisements