前向きな教育:手を抜かず適切に躾するための6つのヒント

Advertisements
Advertisements

手を抜かず適切な親になるためには?積極的な教育アプローチにおけるコーチ、トレーナーおよび著者であるシャーロット・ウビラ(Charlotte Uvira)さんが、このテーマに関するアドバイスを共有しています。

一部の保護者は、積極的な教育と寛容な態度を混同しています。シャーロット・ウビラさんが彼女の著書で指摘しているように、この信念を超えなければなりません。

親になることは必ずしも競争ではありません。子供の教育は、特に子供が個人として成功できるように、何年も付き添うことを目的としています。子供に責任感と社会での位置を教える必要があります。子供はまた、適切な市民教育を受けなければなりません。

これらの原則について話すことは非常に簡単です。このポジティブな教育プログラムで保護者を支援するために、シャーロット・ウビラさんは次の6つのヒントを共有しています。

1.自信を持つ

長年にわたって子供に付き添う必要があります。失敗を避けるために、自信を持ち、自分自身を明確にする必要があります。子供が成長するのを助けるために、あなたの存在が必要であることを把握することが不可欠です。

そのため、自分自身について気にかけ、責任を取る必要があります。優先順位を定義し、価値について学びます。また、子供に伝えたい原則を定義します。

十分な自信がない場合、または自分の限界が見えない場合、子供の前で自己主張できないはずです。

 

2.子供についてすべてを知る

親は子供に標準化された教育を課す傾向があります。親は、子供の本当のニーズを理解していません。子供を教育したいのであれば、子供の人格をすべての面から把握しなければなりません。

年齢に応じて、既に子供の基本的なニーズを知ることができます。子供の発達についても知ることができます。同様に、子供に与えることができるタスクと活動を見つけることを学んでください。

子供が役立つと感じることができるように、また子供に責任を持たせるために、例えば、子供に家の日々の家事に参加するように促すことができます。ただし、できる以上に与えるべきではありません。できる年齢から徐々に家事に参加させることを検討してください。このようにして、子供は、親が子供を信頼し、尊敬していることを理解します。

3.耳を傾ける

子供の話を聞く必要があります。親は子供の行動に注意しなければなりません。親は子供の要求に注意を払う必要があります。機械のように、子供の声に反応しないでください。

子供たちの要求を明確に表現するのは、子供たちの責任ではありません。親は誤った解釈を避け、子供の要求を分析する方法を学ばなければなりません。たとえば、親が忙しいときに明らかに親の反応で子供が気付ける場合、子供は親を邪魔したくないと思うはずです。このような状況では、子供は単に甘えたいだとか、耳を傾けてもらいたいという願望があります。このような状況下では、もちろん子供は親からの注意をさらに引くことを望んでいます。

子供に話を聞いてもらいたいのであれば、親も子供の話を聞く方法を学ばなければなりません。しかし、気まぐれで耳を傾けるという意味ではありません。子供を失望させないため、また子供の前で自己主張するためにも、妥協し、制限を設定してください。

4.ルールを定める

子供はルールに従う必要があります。これ上手くやるには、注意する必要があります。子供たちだけにルールを言及すべきではありません。すべての家族が、含まれている必要があります。

それぞれの子供が超えてはならないリミットを、自然に考慮することができるように、これらのルールを確立する必要があります。

したがって、「このフレームワーク」では、敬意の重要性、家庭の日常業務への貢献、寛大であるという事実、または自分自身を支援することの重要性など、本質的な生活ルールを書き出します。

子供がルールに違反した場合は、すぐに怒らないでください。 説明責任を確立するには、コミュニケーションが必要です。行動する前に、時間をかけて適切な質問を自問してください。その後、正しい方向に行動し、何よりも、子供たちがそれらを尊重できるように、ルールについてしばしば話し合います。

5.子供にもっと自立するように教える

子供は、家庭での日常の家事に参加することで、より自立することを学びます。

確かに、多くの親は、子供に責任を持たせる前に、子供が特定の年齢に達するまで待つ必要があると考えています。しかし、子供が少し言葉を口に出すようになり、2本足でうまく動く歩けるようになったらすぐに、いくつかのタスクを実行できるのです。例えば、皿を流し台に置いたり、食事をテーブルに並べたり、食後にテーブルを拭いたりすることができます。

子供を自立させるには、子どもが重要視されていると感じることができる会話をすることも必要です。とりわけ、少し話し辛いと考えるかもしれない会話の話題について話すことを躊躇しないでください。子供が、ある時点で悩ませるような質問をする場合、質問に答えることを恐れないでください!子供は、正しい答えを聞く準備ができたときにのみ親に質問します。

この瞬間に、親は、社会的価値、個人的価値、家族の価値など、さまざまな価値を子供に伝えることができます。

6.落ち着いて、子供に忍耐強く

親が「神経質」になっているこれらの瞬間に、子供は強く答えを求めるかもしれません。親は怒ってしまうかもしれませんが、行動する前に、子供がこの不穏な状況を引き起こさなかったことを覚えておく必要があります。

実際、ほとんどの場合、あなたは社会の発展のために気を悪くします。言い換えれば、あなたの人生の選択や教育では、感情を適切に管理することを学ぶ機会が与えられていません。

これらの不快な段階を克服したい場合は、ワークショップとコーチングをフォローすることもできます。このようにして、感情をコントロールし、自分の限界を認識することを学ぶことができます。これにより、子供の教育に対してより強い決意を持つことになります。また、脅迫をしたり、怒ったり、屈辱的な言葉を使ったりすることなく、自己主張することができます。

子供を適切に教育するには、実際に動揺することなく従わなければなりません。素晴らしい親になるために、忍耐強くあってください。

最後に、シャーロット・ウビラさんに感謝の意を表します。

Advertisements