男性の発明で、車椅子ユーザーが自転車に乗る喜びを味わえるようになる

66歳で建設業界を退職したヘンリ・クロード・ポアソン氏は、障害者が自転車に乗れるように自転車を車椅子に接続できる装置を発明しました。

ポアソン氏は、HCPハンドルバー(発明者のイニシャルに由来)を2000年に発明しました。これは自転車を車椅子に留めることができるメカニズムです。ポアソン氏は、養子のミカエルのためにこの装置を発明しましたが、全ての人がアクセスできるようにするつもりです。

Advertisements
Advertisements

「この装置は、特殊なハンドルを使って車いすを押すことができます。このハンドルは、ステアリングスリーブ上に配置されているので、実際には自転車の前部の代わりになります。この発明は2009年に特許を取得しました」とポアソン氏はウエストフランス に説明しました 。

特許の取得後、ポアソン氏は、視覚障害者を支援することを目的とし、ハンドルバーを大量に生産するように求めるマンシュプロモーションピステ協会の設立所長であるヒューバート・レノルマンド氏と接触しました。 「私はレノルマンド氏にハンドルバーをシリーズで作成するように要求しました。また、私はハンドルバーを可能な限り低価格で販売して各障害者が利益を得られるようにしたいと伝えました」

ヒューバート・レノルマンド氏は承諾し、ヘンリ・クロード・ポアソン氏は会社の技術顧問になりますが、発明に対するわずかな売上に触れることを拒みました。「私はとても古いフランス人です。私にとって神聖な合意があります。それぞれ359ユーロを販売しました。ハンドルバーの売上には1セントも私に入ってきません。私はしばしば、思いがけない利益をみすみす逃したと言われます。ただしそんなことは気にしてもいません。私は、お金持ちではありませんが、この発明のお陰で、別の意味で豊かになっています」とポアソン氏はコメントしています。

HCPハンドルバーは、フランス、スイス、ベルギー間ですでに500台販売されています。車椅子の人々の生活に革命をもたらし、これで愛する人と美しい自転車に乗ることができます。

Advertisements
Advertisements