冬の間に子どもたちの体調を回復させる方法

子どもたちがいつもより元気がない、すぐに泣く、元気がないといっても、慌てる必要はありません。冬になると、のどの痛みや風邪、お腹の虫など、いつもの病気にかかり、子どもたちは弱っているので、春が来る前に健康になる必要があります。ここでは、子供たちを元気にするための食生活のヒントをご紹介します。

1.鉄分が豊富な食品を選ぶ

健康な子どもでも、ときには鉄分が不足していることがあります。そして、鉄分が不足すると、お子さんはとても疲れやすくなります。だからこそ、少しでも鉄分を補給することは、彼らにとって良いことなのです。そこで、牛肉や鴨肉、海老など、鉄分を多く含む食材を与えるようにしましょう。

Advertisements
Advertisements

野菜や豆類では、レンズ豆、ほうれん草、ひよこ豆、白豆などがおすすめです。また、でんぷん質の食品を与えるのもよいでしょう。でんぷん質の食品は、炭水化物がゆっくりと体内に行き渡り、エネルギーを長時間維持できるという利点があります。また、ダークチョコレート、全粒粉パン、ひき肉ステーキ、ドライアプリコットなど、鉄分が豊富に含まれている食品もあります。

2.ビタミンCの適切な摂取

ビタミンCは、子どもたちのエネルギーを回復させるのに最適です。ビタミンCを豊富に含む食品を数週間与えれば、子供たちは最高の状態になります。オレンジ、グレープフルーツ、キウイ、イチゴなどの果物や、ピーマン、ブロッコリー、白キャベツなどの野菜が好ましい食材となります。

これらのヒントに従い、子供たちに鉄分とビタミンCをさらに摂取させるように心がければ、子供たちは春に元気を取り戻すはずです。そして、子供が元気になれば、次はあなたがビタミン療法を実践する番になります!

Advertisements