飛行機の移動で気分が悪くならないためのヒント

飛行時間に関係なく、飛行機での旅の間に、吐き気を感じたり、気分を悪くするのは良い経験ではないはず。また、飛行機に乗った後、体はグッタリと疲れて、疲労のために病気になる可能性があります。そこで、この記事では飛行機で気分が悪くならないようにするヒントをまとめました。

1.窓側の席に座る

Advertisements
Advertisements

窓側の席に座っていると、機体の動きによる吐き気が抑えられるようです。また、飛行機にいる可能性がある細菌を避ける戦略的な場所でもあります。実際、通路側の座席を座ると、他の乗客と接触する可能性が高くなります。

2.消毒

細菌はいたるところに存在し、平面上にも存在していることに注意してください。ドアノブ、シートベルトのバックル、座席前の食事用の棚などに存在します。そのため、飲酒や食事をする前に、アルコール溶液で手を適切に消毒して、細菌を避けましょう。

3.水を飲む

もちろん普段からこまめな水分補給をすべきですが、飛行機で移動する際は、飛行中の圧力の変化に耐えるためにも、できるだけ水分補給を心がけましょう。また、長い移動になる場合は、旅行の前日から水分補給を始めてみてください。

4.出発前によく準備する

移動で数時間飛行機に乗る場合は、出発の数日前に準備しておくとよいでしょう。時差ぼけはあなたの睡眠を邪魔します。旅行の前に早く寝て、よく寝ることは良い行いです。時差ぼけに苦しんでいる場合は、頭痛、吐き気、または疲労を感じる可能性があります。目的地に到着したら、昼寝をしないで、新しいタイムゾーンに慣れるようにしましょう。

Advertisements