マイナー球技スポーツ、キンボールについて

世界中には珍しいスポーツがあり、キンボールも例外ではありません。キンボールはあまり話題にはなりませんが、フランス領土でますます広がっている新しい球技スポーツです。この記事では、キンボールについて簡潔にまとめました。

Advertisements
Advertisements

キンボールは、1986年にカナダのケベック人によって生み出されたスポーツです。キンボールには、直径1.22mのボールとハンドボールコートの半分に相当する小さなフィールドに3つのチームを必要とします。このスポーツには、ゴールもネットもありません。ルールは、ボールを地面に落とさないことです。

3つのチームは、チームごとに4人の選手で構成され、サーブする選手は、「オムニキン」と叫んでボールをキャッチしようとします。したがって、最初のチームは、相手チームがボールを受け取ろうとするのをブロックするために、ボールを戦略的にフィールド上に向ける必要があります。

キンボールは、選手間の連帯感と協力を強めるスポーツです。したがって、選手が個人的にプレーするのではなく、お互いを助け合ってボールを管理しなければなりません。 4人目のチームメンバーがボールを蹴ってフィールド上の別の場所に導くには、少なくとも3人の選手がボールを保持する必要があります。

驚くことに、10年以上前にすでに300人を超えるキンボールの免許所有者がいます。厳しいルールがありますが、それでも選手は、どのような方法でも、体のどの部分でもボールに触れることができます。選手が競技を楽しんでいるように見えても、キンボールは戦術と戦略を必要とする真剣なスポーツです。頭脳と筋力が試されるスポーツ。それ以上に何を求めることができるでしょうか?

Advertisements