芸術の最高傑作はどこに展示されている?

歴代の偉大な芸術家たちは、世界中の美術館が自国での展示を熱望するような絵画を私たちに提供してきました。そのため、今日では、パブロ・ピカソ、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ミケランジェロといった偉大な芸術家の最も美しい作品が、世界中に散らばっています。では、どこでそれらの作品を見つけ、鑑賞することができるのでしょうか?ここでは、主な芸術作品とそれらが展示されている場所を簡単にご紹介します。

1.パリのモナリザ

まずは、世界で最も有名な芸術作品から始めましょう。レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナリザ」は、1797年からパリのルーブル美術館に展示されています。

Advertisements
Advertisements

しかし、この絵は長い間、フランスの宮廷に所蔵されていました。しかし、2005年になって、改装されたモナリザ専用の部屋が与えられたのです。

2.ミラノの最後の晩餐

レオナルド・ダ・ヴィンチの作品ですが、この作品は画家がデザインした場所に残っています。

ミラノにあるサンタ・マリア・デレ・グラツィエ修道院のチェナコロ・ヴィンチャーノの食堂で見られるフレスコ画です。15世紀末に描かれたもので、イエスが弟子の一人の裏切りと死の前の最後の食事を告げる瞬間を表しています。

3.バチカンのシスティーナ礼拝堂

システィーナ礼拝堂には多くの著名な芸術家の作品がありますが、最もよく知られているのはミケランジェロのフレスコ画です。

バチカン市国の礼拝堂の祭壇のすぐ上にある、世界的に有名な「最後の審判」のフレスコ画など、創世記から引用された壮大な絵画です。礼拝堂の内部は、それ自体が芸術作品です。

4.アムステルダムのひまわり

この「ひまわり」の絵は、ゴッホがフランス滞在中に描いた一連の絵の一部です。

ゴッホはこの時期に風景、肖像、花などを描きましたが、この「ひまわり」のシリーズは世界的に最も有名なもののひとつです。この絵をはじめとするゴッホの傑作200点は、オランダのアムステルダムにあるゴッホ美術館で見ることができます。

5.マドリードのゲルニカ

パブロ・ピカソの作品は、今でも最も人気のある絵の一つとしてこのリストに入れるべき存在です。

それが「ゲルニカ」です。この作品は、スペイン内戦中のバスク地方の町ゲルニカの戦争風景を描いたもので、1937年にフランコの依頼で制作されました。画家はこの巨大な絵で戦争の野蛮さを表現しようとしました。この絵はマドリードのソフィア芸術センターで鑑賞することができます。

Advertisements