映画『インセプション』:マイケル・ケインが映画のラストシーンに関する真実を打ち明ける

クリストファー・ノーランの映画「インセプション』について最大の謎があります。はい、ファンは映画のラストシーンを見てモヤモヤした気分になりました。まだ映画を視聴していない場合は、この記事を読み進めないでください。 

Advertisements
Advertisements

2010年に映画『インセプション』がリリースされました。間違いなく観客は、この大人気作品を気に入ったはず。しかし、同時にラストシーンを見て完全に混乱したのではないでしょうか。クリストファー・ノーランによるこの謎めいた映画は、ファンを風変わりな時間の冒険に連れて行きました。これらの混乱の原因となる物は、トーテムのコマです。回っているのか、止まっているのかも分からないまま…。

レオナルド・ディカプリオは、この映画の主人公であるドム・コブを演じています。ドム・コブは、実生活と夢の世界の間で次元間の旅をします。観客を魅了したこの映画では、先ほどお話ししたコマが道標となります。コマの動作に応じて、夢の中にいるのか、現実にいるのかを判断します。要するに、コブはコマを回転させ、それが回転し続けるか、それが止まるかどうかで、すぐに自分がどの次元にいるのかを認識します。

様々な議論を可能にするために、監督は興味深いラストシーンを提案しました。これは、コブが家に帰ると、コマをテーブルの上に置いて回転させます。すると、コブの子供たちが出てきて、コマの動きが見られないまま映画が終了するのです。このラストシーンにより、コブが夢の中にいたのかそれとも現実にいるのかは誰にも分かりません。

誰もがこの映画『インセプション』の謎めいたラストシーンについて理論を立てました。夢の解読者、哲学者、理論のプロなどなど、要するに、誰もがラストシーンに関する答えを提案しました。それでは、マイケル・ケインが映画についてコメントした内容をチェックして見ましょう…謎が明かされます!

謎が解決

マイケル・ケインは最大の謎の答えを打ち明けました。俳優兼プロデューサーであり、映画でマイルズ教授の役を果たしたマイケル・ケイン。そのため、彼は一般の人よりも多くの情報を知っているはずです。マイケル・ケインは、Film4 Summer Screen festivalで映画『インセプション』に関して公式にコメントを発表しました。彼のコメントは次のとおりです。

「 映画『インセプション』のシナリオを見たとき、私は少し混乱し、クリストファー・ノーランに尋ねました。すると、クリストファーは次のように答えたのです。「あなたが現場にいるとき、それは現実です。」ですから私が現場にいるとき、それは現実です。そうでなければ、それは夢です。」

空港のシーンを思い出してください。これで、映画『インセプション』のラストシーンにドム・コブが現実にいたことが分かるはずです。

Advertisements