救助者たちが心を痛めた、ホームレスのプードルが助けを拒否した理由

現代の家庭に飼われているペットは、たっぷりの愛情を注がれて育てられます。しかし残念ながら、すべてのペットが幸運であるとは限りません。時々、棄てられた野良猫や野良犬が街の路地裏に住み着き、目的もなくぶらついて、自分の身を自分で守らなければならない環境にさらされる場合があります。そして、このプードルのヤンキーは、そんな悲しい運命を辿った動物の一匹でした。ヤンキーは、ロサンゼルスの街路地に住んでいたところを、地元の人々によって発見されました。しかし、彼らがヤンキーを保護しようとするたびに、子犬はこれに抵抗し、自分の居場所である路地から去ることを拒み続けました。そして、後に人々が突き止めたその真の理由は、皆の心をひどく痛めるものでした。

ロサンゼルスで放浪したプードルのヤンキー

これからお話するのは、路上に棲み着くあるプードル犬のお話です。プードルはその可愛らしい外見とつぶらな瞳から、ペットとして非常に人気のある犬種であり、通常彼らが棄てられるとは、なかなか想像し難いことです。

Advertisements
Advertisements

プードル犬のヤンキーは、カリフォルニア州ロサンゼルスに住んでいました。ヤンキーがホームレスの野良犬となってから、どのくらい経っているのかは誰にもわかりませんが、地元に住む人たちは、彼が路地をさまよっている姿を頻繁に目撃してきました。ヤンキーが日々を生き抜くために、大変な苦労を要していたことは明らかでした。彼は住処である路地で休息をとる前に、食べ物や飲み水を探しまわらなければなりませんでした。この街の住民は、路地をさまようあらゆる種類の野良猫や犬を日常的に見ることに慣れていますが、それがヤンキーのような可愛らしい毛玉の塊である時、私たちはその過去に何が起こったのか、深く疑問に思わざるをえません。

Advertisements