客が伝票に残したメモを読むなり、ウェイターはダッシュでその客を追いかけた

あなたは過去に、普段なら特になんとも思わない状況に対して、圧倒されるような感覚に陥ったことがありますか?実は、このような現象は毎日、誰かしらの身に起こっています。また、それは人生の単なる過程であり、あなたはどう対処することもできない場合があります。ある夜、カリフォルニア州サクラメントのレストランで、ウェイターがまったく予期しないことをしでかす客に出会いました。その夜はレストランにとって極めて忙がしく、ウェイターはオーダーに走り回り、キッチンのスタッフは食事を次から次へと準備しなければなりませんでした、しかし、そこで起こったある事件により、全ては一瞬で凍りつきました。あなたはこの事件を理解するために、あなたの人生を少なくとももう一度生きなければならないでしょう。これは冗談ですが、とにかく、それほど信じられない出来事が起こったのです。

ファンキーなウェイター生活

あなたはこれまでに、飲食店でウェイター、ウェイトレスとして働いた経験がありますか?または、現在その職で働いていますか?もしそうであれば、次にお伝えすることが紛れもない真実であることを、なんの疑いもなく分かっていただけるいと思います。

Advertisements
幅= 937
Advertisements

レストランなどの飲食店で接客をするのは、その聞こえほど簡単なことではありません。あなたは長い時間、立ちっぱなしで働かなければならず、給料はそれほど高くはなく、そして時々、あなたの日を台無しにする失礼な客を相手にしなければなりません。カリフォルニア州サクラメントでのある夜、レストランである客が奇妙な行動をしていることに、ウェイターが気づきました。そしてこの男は急いだ様子でレストランを去りましたが、テーブルに置かれたレシートにメモを残していきました。そしてウェイターはそれを読んだ後、その客を全力で追いかけたのです。物事はかなり奇妙な兆しを見せていました。

Advertisements